さやいんげんサンドイッチ

久しぶりにお弁当を作った。
簡単なサンドイッチをひとりぶん。
ゆで卵とさやいんげんを適当に刻んでチーズとともに挟んだもの、そしてハムとベーコンだけのもの。
特にさやいんげんのほうはマヨネーズを使わないから、まとまりにくい。対策として、チーズを乗せて少しトーストしたパンに挟む(加熱したチーズで固定)という手法を採り入れなんとか形にした。

味はまあ、悪くない。他人に食べさせるほどではない、と思う。
胡椒を多めにしたからか、素人じみたカフェやバーで出るくらいの味にはなっていたと思う。

ジャガイモとソーセージと玉葱の炒め物が副菜。

こうしてサンドイッチのことを書くということは、それ以外には特に事件もイベントも無かったということだ。平和な平日で何より。

 

帰宅後の時間に余裕が出来たので、こまごました懸案を少しずつ進めている。最近、関東に出張することが増えたので、どうにかして「Suica」を手に入れようと考えている。JR東海の似たようなサービスでも良いのだけれど、基本的に切符購入以外は使わず、自動で“チャージ”ができて、サービスと使いやすさの評判が高いもの、として新しくSuica機能付きクレジットカードをひとつ作ることにした。
郵送も何もせず手続きが終わってしまい、ちょっと拍子抜けしている。銀行手続きも判子ひとつ要らない。
便利といえば確かに便利。でもこの便利さは、何かしらの個人情報を自分の理解しない手段で共有しているからなのだと思うと、ちょっと変な感じはする。

 

 

狭くても、料理が楽しい台所のつくり方

狭くても、料理が楽しい台所のつくり方