レーザーとにんじんとあまがえる

レーザー彫刻機

以前、衝動買いした卓上レーザー彫刻機「Meterk レーザー彫刻機」を引っ張り出して使ってみた。
スマートフォンにアプリを入れて、Bluetoothで接続して、画像(JPEG)を開いて送信、あとは自動で焼き上げてくれる。

 

最初は紙に、次に革に彫刻してみた。
簡単過ぎてつまらないくらい。画像を作るのはIllustratorで10分、そしてレーザーで焼くのに5分。試作とはいえ、「怪しげな中国製の工作機器」を使いこなすのに15分とかからないのはさすがに拍子抜け。これが21世紀か。

作業自体は難しくなくとも、部屋はなかなか大変なことになった。
紙はまだしも、革が焦げる匂いがすごい。最初だから照射時間を短めにしたせいもあって、作業中はしっかり煙が発生し、作業後も焦げ臭い。革が焼ける匂いというのは、髪の毛のそれに似ていて、なんだかとても気になるのだ。
空気清浄機氏がその匂いを検知し、先ほどから自動的にフル回転している。

幸いなことにバッテリー駆動だから、次は外で作業する。
仕上がりは満足。画像自体は思いつきで作ったものの、これならばこれから作りたいものも対応できるだろう。

 

 

にんじんサラダ

Twitterで知ったサラダを作ってみた。
そのために仕事帰りにコンビニエンスストアに寄った。

にんじんの細切り、スナック菓子「カラムーチョ」、少しのマヨネーズを混ぜるだけ。僕はマヨネーズが苦手だから(理由はわからない)ごく少量を酢と混ぜてから加えた。要は全体をコーティングすれば良いから、少量でも大丈夫そう。ヨーグルトとマヨネーズでも良かったかもしれない。

 

 

なんだか、独り暮らしの大学生が作るアイデア料理(POPEYEとかGOODS PRESSに載っていそう)みたいな感じだけれど、なるほどしっかり美味しい。
ただしいかにもスナック菓子の風味が口に残る。慣れていないせいか、ここに改良の余地を見出してしまう。
自分だったら、適当な植物油でにんにくと粉唐辛子を加熱して、ガラムマサラやドライハーブを適当に放り込んで、ある程度冷めたところでにんじんに混ぜ込む。マヨネーズは隠し味程度。前述の通りヨーグルトも入れるかもしれない。クルトンを入れて完成。

しかしこの料理の持ち味は、やはりスナック菓子、カラムーチョなのだろう。美味しさ以上にカラムーチョであることが求められる。

遙かな昔に友人から教わった「さきいかとセロリのサラダ」もそうだった。あれも「さきいか」という食材が“情報としての彩り”になっていた。味も素晴らしかったし、今では形を変えて(さきいかとセロリのマリネ)自分の定番となっている。

 要は「

お題「ひとりの時間の過ごし方」

お題「今日の出来事」

 

小柳産業 沖縄のしりしり料理に ジュジュ野菜調理器 蜂の巣

小柳産業 沖縄のしりしり料理に ジュジュ野菜調理器 蜂の巣

 
にんじんしりしり器

にんじんしりしり器

 

 

革の焦げた匂いと、昔のサラダについての回想、外は雨。書き出すとほとんど暗号である。アマガエルが鳴き出した。