雨上がりの水面

夜に雨が降って昼間は快晴。
確か土日もそんな感じだった。

そのせいか、公園の広場が完全に水没している。
遊具や砂場の辺りは大丈夫なのだが、ボール遊びやかけっこをする原っぱが使えない。 ベンチだって半分くらいは水の上だ。

風景としては印象的だが、平日の昼間に訪れるユーザー(小さい人達)としては不満そう。走り回る場所が「入っては駄目」と禁止されるのだから。

 

そんな状況で、阿呆な男子中学生が自転車で侵入を試みたのでたまらない。彼らはやべーすげーと騒ぎながら、そして靴と靴下とズボンを濡らしながらばしゃばしゃと楽しそうに通過していく。
侵攻可能とわかったちびっ子達がじゃばじゃばとその水たまりに入っていく。とても嬉しそうな子もいるし、水際で最初の一歩を踏み出せない子もいる。

付き添いの大人達にとっては悪夢かもしれない。
ただしこの公園、元から小さなせせらぎが設定されていて、足を洗う水道やベンチ兼用の(じゃりじゃりしない)足置きが整えられている。水遊び前提のそのような設備があるから、まだましだったのかもしれない。

そういう公園の風景を眺めていた。
打ち合わせで外に出て、いつもは行かない方面をてくてく歩いていて出会った公園。
平和だった。他には今日は特に書くべきこともない。

 

 

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

 

 

裏庭 (新潮文庫)

裏庭 (新潮文庫)