ルーズリーフに革のカバーを

昨日からはじめた工作について書く。
今回はルーズリーフ用ファイルのカバーを革で作ってみた。

友人のお子さんから転職祝いに貰ったA5サイズのルーズリーフとファイル一式。せっかくだからと革カバーを付けてみた。無印良品ポリプロピレンそのままで機能的には十分だが、仕事道具としては濃い色の革のほうがしっくりくる。

制作はあっという間。
まず革を裁断する。高さは「ファイルよりちょっと大きい」程度で、幅は「ファイル全体の幅に折り返し分を足した」感じか。

素材は床革というもの。革を薄く剥いだ時の、裏側にあたる部分。見た目は裏も表も「革の裏側」である。厚さは1mm。とても安い。本来は芯や見えない部分に使う。
このままでは毛羽立つ。パラフィンを塗布した後に加熱し含浸させて、独特の風合いと防水性、そして毛羽の抑制を狙ってみた。
パラフィンが染みこんだら薄く樹脂を塗り込んで表面を保護する。

表紙と裏表紙のそれぞれ左右を折り込んで、縫い止めて、かたちが出来上がる。最後に革の切り口を処理して出来上がり。

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

今回は「できるだけ短時間」をテーマに作業を進めた。
レザークラフトに限らず、最近は趣味の多くで、タイムアタックをする傾向にある。理由は何だろう。多忙だからか。

確かに最近は忙しない。
新しい勤め先は、まだ体制がまるで整っていない。
電話だって借り物を使っている。新しい回線を引いて電話機を買って…と環境を整えるだけで大騒ぎである。4月からは人も何人か雇うし、そうなると教育もしなければならないし、いつの間にか健康診断や社内規定も僕の仕事になっていて…とばたばたしながら毎日を過ごしている(入社して初仕事が“出張規程作り”だった)。いわゆる総務の仕事をゼロから進めている状況。
お金の計算が苦手で、どちらかといえば1つの仕事を磨き上げることばかりしてきた自分には、これはなかなか大変な仕事なのだ。
いきおい休日にも「あ、来客用のコーヒーを買わなきゃ。そうなるとカップとマドラーも要る。砂糖だって…」と仕事を持ち込んでしまう。もちろん全て経費となるのだが、少なくともここ数ヶ月については「完全なる休暇」は望めないと覚悟している。

そのうえ、余暇にはちょっとした旅行も続けている。
遠くに何泊ものんびり、ではない。行きたい場所を定めて、えいっと2泊か1泊で済ませてしまう。これもまた忙しい。旅行自体は文句なく楽しいが、旅行以外にもやりたいことがたくさんあるのだ。

こういう生活を、充実と呼ぶのだろうか。
どういうわけか、心も体も以前よりも調子が良い。それだけが救いかもしれない。
自由度が高く高度な技能を必要としないホワイトカラーは、ある意味でお気楽なのだろう。