鴨の燻製とオレンジのガレットとケーキとか色々

とくに用事もなく、かといって丸1日を遊ぶには家の雑事が多い日だった。昨日の出張で疲れてもいた。
だからとりあえず普段はまず行かない(そして地理的にはそれほど遠くはない)島田市へ行ってみた。行けば何かあるだろう、というぼんやりとした見込みと、それからアピタ(の中にある無印良品で開催中の“良品週間”)で文具と靴下を買うという緊急性の低い用事が、なんとなく島田市を選んだ理由でもある。

買い物はあっという間に終わった。うっかり白いシャツを買ってしまった。

アピタのあとは駅前に移動して、自転車で散策。
前は「どうしようもなく衰退した、面白みの無い街」という印象だった。
しかし今日は、衰退具合がさらに進行していたせいか、あるいは商店街の垢抜けない街興しの取り組みが目立たなかったせいか、なかなかに鄙びた趣きを楽しむことができた。

大井神社では小さな祭事や、婚礼写真の撮影などが行われていた。
そういう華やかなイベントとは別に、小さな茶店(ほぼ駄菓子屋)では小学生がオデンを食べたりお菓子を食べて遊んでいて、なんだか昭和っぽい。
今時珍しい、スタンダードなジャングルジムまであって、なんとなく落ち着く。

 

https://www.instagram.com/p/BgaRsjDFHQv/

神社の近くにあるカフェ(ダインプレイス)では昼ごはんを食べた。
小綺麗な店内。お洒落なお店にしようと頑張っているのが見てとれる。個人の店主が好きなものを集めて個人の力で頑張る、というタイプの“カフェ”ではない。だから基本的に隙が無く、安心してカフェっぽいごはんを楽しめる。「おおっカフェっぽい!」と妙な感心をしてしまった。
僕の注文したランチセットは、サラダが山盛りになったガレットと、スイーツセットとコーヒー。ガレットには鴨の燻製とオレンジ、そしてクルミが散らしてある。間違い無く美味しい組み合わせ。ガレットにする意味があるのか、というほど野菜が乗っていたが、それもまた良し。

ケーキも水準以上だと思う。
一種類、ケーキを選ぶと、それに合わせてスイーツプレートを組み立ててくれる方式。*1飾りのココアパウダーが冗談みたいな散らばり具合だった点が、唯一の個性か。茶色、焦げ茶色、添えられたベリーもブラウンがかっている。こういう花束を見たことがある。

自分の文章では、どう書いても辛辣に捉えられてしまいそうな気がしている。読み返さなくてもわかる。
でも、雰囲気も味も全てが平均以上であり、だから例えば知人とカフェっぽいごはんとお茶をしたい、といった時には下手に主張や個性が前に出る店よりも優れていると思う。田舎町での“カフェ”には珍しい特質だと言える。
親友と個性的な店を探す時にはおすすめしないが(辛辣)。

 

さて、部屋も片付いた。
いくつかのメールも返信した。
昼に買ったシャツは変な皺がついていたので軽く洗ってみた。
やることはたくさん溜まっているが、でも今日はもう寝る。おやすみなさい。

*1:チョコレートのケーキを選択してティラミスが添えられるのは、ちょっと意表をつかれた。別系統じゃないのかー。