お肉2枚のかつサンド

夕方まで東京に出張、その後、新幹線で静岡に帰ってきた。
今回は品川や有楽町や東京駅周辺といった、いかにも都心らしい場所ばかり訪れた。
大きなビルがあってその地下には立派な地下街(静岡にはない小綺麗なチェーン店がたくさん)と複雑かつ広大な通路が延び、地下鉄の駅がいくつか集まるような場所ばかり。実際の訪問先は、そういう家賃の高そうな街にある小さなオフィスなのだが、雨のせいもあってひたすら地下道と地下鉄と複合ビルを巡る旅だった印象がある。思い返すも、街の印象がごちゃまぜになって、はっきりとは思い出せない。

 

週末かつ日没直後という時間もあったのだろう、東京駅はとても混雑していた。
新幹線の車内で食べるために、サンドイッチを購入。

万世のかつサンド、いつもはもう少しちんまりしたタイプを買う。今日はうっかり、トンカツが2枚挟まったものを購入してしまった。
レジに運ぶ際には「ちょっと高いんじゃないか」と思った。でもまあ、出張で頑張ったのだから、これくらいは良いのでは、と決めたのだった。高いとはいえ買えない価格でもない。

というか、同行者も周囲の知らない人達も、みんなそういう「ちょっと高いもの」を買っていたように見えた。
たぶん「出張がんばった。一週間がんばった。だから小さな贅沢!」という気分が東京駅全体を覆っていたのだろう。
普通の塩ゆで玉子ではなくてプレミアム塩ゆで玉子がどんどん売れていた(80円くらい高い)。

みんな、普段はスーパーマーケットでそういう買い物はしないだろう。今日は「自分へのご褒美」だから、数百円の奮発をしたのだ。そこまで強烈に、万世のとんカツを食べたかったわけではないのだが。

これはもう、サプリメントみたいなものだ。帰りの新幹線では、スーツを着た老若男女が銘々に購入した、ちょっとした贅沢を楽しんでいた。自分にとっては、なかなかに新鮮な風景だった。

 

東海道新幹線 各駅停車の旅

東海道新幹線 各駅停車の旅