映画には間に合わなかったけれども

午前中に行くつもりだった映画、時間ぎりぎりに飛びこむかたちになりそうだったために断念した。途中入場が禁止されている(さらに言うと途中退場も基本的に駄目、映画が終わり劇場が明るくなるまでは席を立ってはいけない)ミニシアターだから、あまりばたばたしたくなかった。明日がんばる。

というわけで、せっかく静岡の街にまで来たのに、なんだか半端な時間が空いてしまった土曜日、あちこちでお菓子を買ったり美味しいものを食べたり、趣味の道具を買ったり、友達の娘さん用に雛祭りのお菓子を買ったりと、やや浪費気味な休日を過ごした。かまわないのです、質の良い消費は心の温泉なのです。

 

太陽と乙女

太陽と乙女

 

 

 

つきさむ

最近久しく行っていない気がする北街道沿いのごはん屋さん。
街で買い物をした後に車で訪れた。
幸運な事にほとんど待たずに座れた。
今日の「3月のごはん」はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/Bf2NlRYBgsR/

  • れんこんハンバーグ
  • ひじきの胡麻和え
  • 白菜の柚子こしょう和え
  • きのこのパスタサラダ
  • 麦入りのごはんにお味噌汁
  • 食後にホワイトチョコレートのムースとコーヒー

蓮根のハンバーグは家でもよく作る。この、薄切りの1枚を乗せて焼くやり方は真似したい。我が家ではしっかり厚く切るため、一体感に欠けていたのだ。
食べながら一番関心したのは、ひじき。ひじきは胡麻和えができるのかー。春菊が風味を添えていた。

 

 

 

 

 

Pappus

https://www.instagram.com/p/Bf2PVEWBRiv/

北街道でここまで来たのならば、とさらに東へ進み、清水区のPappusへ行く。
カフェの時間にはまだ早かったのか、ケーキは並んでいない。焼き菓子と飲み物を注文して楽しむことにした。
コーヒーのマーブル模様が綺麗なパウンドケーキと、カフェオレを注文。

白っぽくてさっぱりしたリネンみたいなお店*1も最近は均質化が進んでいる。でもこのお店は細部まで手が入っていて、お店の個性がしっかり楽しめるのが素晴らしい。花もテーブルも、控えめな飾りつけも、お店の好きなものが吟味されていて余計なものが無い。つまり、趣味が良い。

 

 

森見登美彦の京都ぐるぐる案内 (新潮文庫)

森見登美彦の京都ぐるぐる案内 (新潮文庫)

 
([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)

([も]3-1)恋文の技術 (ポプラ文庫)

 

今週のお題「ひな祭り」

お題「コーヒー」

 

*1: こういうざっくりしたナチュラルと少しのアンティークの雰囲気、どう説明したら良いのだろうか?男友達だと説明が難しい。女性なら大抵伝わる。