眼鏡とピザと映画とバスク菓子

眼鏡

眼鏡を新調した。
駅ビルやショッピングモールに入っているチェーン店で、レンズ込みで8000円。それに数千円の追加でブルーライトカットレンズ(弱め)への変更もお願いした。
視力測定からレンズの加工、微調整まで含めて40分程度か。安いし早い。眼鏡に関しては、どんどん安くなっている。毎月のように買ってしまうと嘆く友人がいるけれど、まあこの価格ならば可能だろう。服に興味がある人が娯楽としての服購入をする、そんな感覚なのだと想像する。

今は幹線道路沿いの(昭和から続く)チェーン店でも、こういうショッピングモールや若者向けデパートにあるチェーン店でも、店の内装や置いてあるものはそれほど変わらない。シンプルモダンな雰囲気で、レンズとフレームの基本セットは定額で、と昔に比べて画一化している。ただし昔風のお店では、未だに「お客様が駐車場を出るまで全員がお辞儀をして見送る」のが嫌だ。後日やたらとダイレクトメールが届くといった、あまり有難くないサービスも多い。
だから最近は専ら、新しめの(ZoffとかJINSといった)お店を選ぶ。あるいは、眼科と提携してフレーム調整にも時間をかける、高価だが高品質の専門店に行く。

なにしろ手軽なのは良いことだ。
昔に比べて、視力の測定や乱視調整についても、店やスタッフによる当たり外れが減った気がする。
もう半日以上着用しているが、違和感は無い。ブルーライトカットについては、おまじないみたいなものだと考えている。

 

おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)

おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)

 

 

ピザ

久しぶりに「アン・アン ピザハウス」へ行ってきた。
静岡の名店で、今日も相席になる位には混雑していた。
相席かつロッキングチェアというなかなか珍しい境遇だが、それでもこの店は好きだ。
店主(男の人)の無愛想さは昔から変わらない。お金を払う時だけ元気なのが面白い。ひとり頑張っている女性スタッフがとても明るくて、この人がいなければ一見のお客さんは面食らうのではないか。昔からの人達は、アン・アンに愛想は期待していないだろう。

今日は基本の「ミックス」から、ピーマンとトマトを抜いてもらった。ピーマンは元から好きではなくて、しかもこの店では本当にどっさり乗ってくることがあるから。トマトは美味しいけれども、どろっとして食べにくいから、今日は外してもらった。

トマトが無いと、水っぽさが激減し、肉類の脂が際立つ感じ。ただでさえボリューム感が凄いのに、なんだか肉とチーズの料理を食べているみたいだった。コーラやビールが進みそうな味。
僕はこの店では「プラムエード」しか頼まない。この独特な飲み物は、ピザにぴったりとは断言できないけれど、アン・アンといえばプラムエードなのだ。これは法律である。

 

'80sガーリー雑誌広告コレクション

'80sガーリー雑誌広告コレクション

 
'80sガーリーデザインコレクション

'80sガーリーデザインコレクション

 

 

 

映画



さよならの朝に約束の花をかざろう」を鑑賞。
今回、数奇な運命により、20代(独身)、30代中盤(5歳の子供がいる)、そして独身おっさんの僕、という3名での鑑賞となった。
3人でぐずぐずと泣いたのだが、その涙の元についてはそれぞれ少しずつ異なる気がする。まごうことなき“泣ける劇場版アニメ”の成功作だけれど、親になった人、あるいは親とはどんなものか想像できる年齢の人間こそ心に刺さる作品だと考える。ただしもちろん、中学生だろうが高校生だろうが、きちんと感動できるだろうし、きちんと理解して腑に落ちるだけが物語ではないのだから、興味が湧いたのなら見てみるといい。とても良いファンタジー映画でした。そして“おかあさん”の映画。ファンタジー世界ならではの設定(長命種や竜)と物語の主題ががっちり無駄なく組み合わさって、重い話でもすんなり受け入れることができる。その辺りは、アニメの力だと思う。
僕はあと1回、観たい。

 

 

バスク菓子

https://www.instagram.com/p/Bfm6qWOhrQK/

 

笠井珈琲店にて「ガトーバスク」を食べた。
今日は普通のコーヒーとケーキだけにしよう、と決めていたのだが、着席するなり「1/2アイスコーヒー」の準備が始まったので、おとなしく店主のスタイルに沿うことにした。それほど頻繁には訪れていないのだけれど、覚えられてしまった。
ともあれ美味しいケーキとコーヒー。ガトーバスクは量感もあり、アン・アンのピザの後だとちょっと重い。でも当然、ぺろりと食べる。別腹を発達させてくれた祖先達に感謝したい。猿には別腹は無いという。

 

甘い香りの幸せデザート―南仏・バスク地方のシンプルな暮らし

甘い香りの幸せデザート―南仏・バスク地方のシンプルな暮らし

 

 

今日はそんな感じ。
100%、とはいかぬまでも、素敵な休日だったと断言しても良いだろう。何か忘れている気もするけれど、たぶん大丈夫。