夜更かしカーリングと富士山の日

親戚の家族が遊びに来て、先ほどまで平昌オリンピックカーリング競技(女子)を観戦していた。久しぶりの夜更かしで、なんとなくお正月っぽい。

カーリングは好きだ。
たぶん将棋や囲碁に近い部分があるからだと思う。
戦略が何より大切で、半目か一目で勝ちを狙っていく、そういう部分が面白い。

昼休みには、職場の人達にこのカーリングのルールを説明した。
「丸の中にじゃんじゃん石を置いておけば勝つだろうに、何故そうしないのか?」みたいな雑な理解の人と、やたらと長くて何をやっているのかよくわからない、という人の質問に答えて、昼休みの半分を使ってしまった。

そして先ほどまでは、親戚に似たような解説をしながら競技を観戦していた。

説明しながらの観戦は、自分にとっても理解が深まるから面白みが増す。しかしこの感覚、どこかで経験があるぞ、とずっと考えていた。

面白み、ではないが、しかし似たような体験が確かにあった。
そう、あの福島での原発事故の後に、やっぱり「職場で解説、自宅でも解説」をしていた。
職場ではホワイトボードに炉心断面図を書いて、テレビの報道の補足説明みたいなことをしていた。自宅ではやはり家族や親戚に、原子力発電所とは、放射性物質とは、といった話をしていた。
あれも解説をしながら、自分も理解を深めていった体験だった。

スポーツ観戦と災厄、まるで対照的な2つの出来事なのに、不思議なものだ。

だから何だ、という話ではある。
しかしまあ、とにかく今日のカーリングはとても面白かった。
僕だってオリンピックが始まるまでルールなんて忘れていたし、選手やチームにはまるで思い入れが無くて、今日の試合が準決勝ということも数時間前に知った。でもあの真上からの視点だと、配置と狙いが実にわかりやすくて、そういうにわかファンにも優しいスポーツだと思う。囲碁なんて、どういう狙いで石を置いたのか、まるでわからない。

 

不二貿易 テーブル カーリング ゲーム 22274

不二貿易 テーブル カーリング ゲーム 22274

 
日本カーリング協会公認 みんなのDSカーリング

日本カーリング協会公認 みんなのDSカーリング

 
カーリング魂。

カーリング魂。

 

 

久しぶりの夜更かし。いや、普段だってこの時刻に起きていることは珍しくない。ただ、居間で家族や親戚達とわいわい騒いでテレビを観るのと、部屋でパソコンに向かっているのでは、やはり“夜更かし感”が違ってくる。日常と非日常の違いというのか。
そして今、とても眠い。
あとしばらくで髪が乾くだろう。その後、寝ます。

そんなプレミアムフライデー、そんな富士山の日でした。
富士山の日といえば、昼頃に前を通ったモスバーガーでは駐車場が満車だった。静岡と山梨のモスバーガー限定で、フライドポテトのSサイズがMサイズになる、とのこと。これが単なるイベントを楽しむのではなくて、芋をより多く(無料で)食べたいだけの人達ばかりだったら面白いと思う。ごく小さなレベルでの意地汚さ。なんとなくそういう想像をした。