散歩ができない寒さと、あべこべの町と、ジャガイモとサツマイモの料理。

寒くて、恒例の散歩ができない。
いつも昼休みには、食後に散歩をする。職場から出て20分ほど、ただ歩く。公園や神社もあるが、ただ畑や田んぼの間を歩くことも多い。中途半端な宅地や中小の工場、それから川縁の道。歩く場所には事欠かない田舎なのだ。

通勤の際は、少し薄着でもなんとかなってしまう。
朝は気温が低いけれど、車での通勤かつ短時間だから、寒くても平気。シートヒーターだけで問題無い。
しかし昼間の散歩は、それなりにしっかりと防寒防風を考えないと、長く歩けない。特に風は、散歩の後半に“効いて”くる。

その程度の運動で身体に影響があるとは思っていない。でも、ずっと室内にいるよりも、少なくとも気分転換になる。
なるほどこれがデスクワークか、と妙な感慨に浸る昨日と今日だった。

 

帰りに寄ったスーパーマーケットで玉葱とジャガイモを買う。
玉葱もジャガイモも、限りなく薄切りにする。
ハムもサラダ用の、とても薄いものを使う。
なんとなくサツマイモも切ってみた。

これらを順番に重ね、オリーブオイルをかけて、オーブントースターで焼く。塩と胡椒で調味して、食べる。

ジャガイモとサツマイモを組み合わせた料理は珍しいと思う。
想像通りの味、いわゆる「普通に美味しい」という食べ物。

完全な創作料理ではなくて、大昔のオレンジページに載っていたものを思い出してはたまに作る。ヨーロッパの暖かい国の郷土料理だったと記憶している。

ともあれ週末になった。
お腹も満たされたし、お風呂もそろそろ入ることができる。
正月休みにあれだけ時間があったのに、なぜか部屋はとり散らかっている。明日には挽回する。

ところで図書館で借りたこの本が面白い。

 

いわゆる児童書のカテゴリに属する荒唐無稽なおはなし。
読まなきゃわからない系の楽しさ。この「さかさ町」では何もかもが他の町とは“さかさま”で、例えば歴史の授業は「現代から過去へ」と学ぶ。で、住民の説明がきちんと筋が通っていて、なんだかそのほうが正しく思えてくるのだ*1
さかさまに描くことで浮き彫りになる姿。子供向けの平易な文章で、さらっと読んで、深く考えてしまう。表紙もかわいい。
何年生向けなのかよくわからない本だが、プレゼントにも向いていそうな気がする。読書好きなちびっ子におすすめです。

 

 

さかさ町

さかさ町

 

 

*1:「古い方から学んだら、驚きが無いではないか。どうしてそうなったのかを先に知っているのだから」みたいな説明に感心した。