三重県のお菓子といえば「関の戸」

三重県に遊びに行った時に必ず買うことにしているお菓子、「関の戸」。本店というのか、関の街まで行くのが本式なのだろうが、自分の行動範囲では近鉄四日市の駅ビルか、御在所サービスエリアが便利。

小さくて地味。餡を薄い餅で包み、和三盆みたいな砂糖でまぶしただけの、素朴なお菓子だ。

でもこれがとても美味しい。
土産物として職場で配ることもできる価格帯と日持ちなのに、お茶のお稽古でも喜ばれるのだから面白い。ちょっと和菓子が好きな人だと、次に行く時は買ってきて欲しい、と頼まれるくらいなのだ(お茶の先生もそのひとり)。

 

冬虫夏草

冬虫夏草

 

 

今日は職場に持っていった。
今日も好評だった。
お土産だから多くの人がお礼を言ってくれる。しかしそこから、味の感想を伝えてくれることは珍しい。
さらに今日も「お店の場所」を問われ、「次に行くのはいつか。その時には(お金を渡すから)買ってきてくれないか」と言われてしまった。

もしかすると、静岡県民の嗜好にぴったり合ったお菓子なのかもしれない。つまり我々が普段飲む、あの色の濃い「深蒸し茶」に合う味。静岡の人間は、おおむね緑茶に合うものなら正義だと考えているので。

僕は専ら、「関の戸」はコーヒーと楽しむ。あっさりして酸味が薄ければ、最高の組み合わせだと思う。

関の戸 (1984年)

関の戸 (1984年)

 

 

 

私たちの星で
 

 

 

昔、三重県に住んでいた時は、静岡銘菓「8の字」が同僚達にものすごく喜ばれた。
「次に帰省する時」が決定すると、Excelで作った「購入希望リスト」が渡される、そんな仕組みが職場で出来上がっていたくらいだ。
パートさん達には、小袋入りの8の字をお土産にしていた。これは開封されないまま保管され、「掃除当番を代わってあげた時」などにお礼として使用する、そんな風習がいつのまにか出来ていた。
原始的な貨幣みたいで面白い。
冒険旅行をする人達がゲリラの検問や酋長に「日本製の煙草」を渡す、みたいな感じもする。
さすがにあの(時々は凶暴になる)三重県のおばちゃんパートさん達を静岡銘菓でコントロールする気にはならなかったが、でもあの不思議な高評価は、今でもときどき思い出す。
「蕎麦粉抜きのそばぼうろ」みたいなお菓子なのだが、どうして老いも若きも、誰も彼もが8の字が好きだったのだろう。
何度か聞いたが「だって美味しいやん」しか回答が無かった。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景