シンプルなスパゲティと遺跡の公園

ALLEE RESTAURANT

https://www.instagram.com/p/Bdg_1VjnzxU/

お昼ごはんを食べに静岡市葵区鷹匠の「ALLEE RESTAURANT」まで行ってきた。
1月の初日ということもあり、なかなかの繁盛ぶり。
今日は「厚切りベーコンとキャベツのクミン風味のスパゲティ」のランチセットを注文。
塩とオイルのシンプルなスパゲティなのだが、クミンの粒々が面白い効果を生んでいた。食べたことが無い味、とまで言うと大袈裟だが、とにかく美味しい。

 

 

登呂遺跡

登呂遺跡の公園を散歩しつつ、博物館のミュージアムショップで細々とした買い物をした。ついでに常設展まで観てしまう。
この公園、駐車料金を取らなければ、かなり立派な「市民の憩いの場」になると思うのだが。現状では、徒歩あるいは自転車圏内の人達が、小さな子供を連れてきたり、犬を散歩させているだけ。
子供の頃に遠足や課外学習で訪れたきり、という人も多いのではないか。

www.shizuoka-toromuseum.jp

安倍川餅

 

この公園に来たら、隣接する「もちの家」で一服するのが個人的なルールとなっている。土産物の「安倍川餅」の製造元である「やまだいち」社が経営する古民家風の甘味処。安倍川餅やぜんざい、それに手打ち蕎麦も食べることができる。

いつも迷った末に安倍川餅を注文する。今日もそうだった。
この時期だけお雑煮がメニューに載る。これがとても美味しいと噂に聞いたことがある。そもそも外食でお雑煮を食べた事が無いので想像するのが難しいが、お昼の時間帯だったら試してみたかった。

この店、なぜか店員が中年以上の(老眼鏡をかけた)男性ばかり。良い意味でマイペースな接客を、それぞれのおじさん、おじいさんが行っている。オノナツメの漫画にありそうな感じがするけれど、民芸風甘味処だとオノナツメ漫画っぽくないかもしれない。

 

芹沢銈介美術館

http://www.seribi.jp/111teshigoto%20top.jpg

そもそも公園に来た目的は、この美術館だった。
特別展の「手仕事の世界地図」を観た。
建物自体が大好きな美術館。今回は展示品も楽しかった。

 


芹沢銈介氏のコレクション、世界中の工芸品がずらりと並ぶ。「民芸」であることが基準なのだろうが、ただ面白いから買ったのではないか、と思えてくるアフリカの仮面なども混じっていて素晴らしい。
民芸活動の道楽的側面を満喫できた。

静岡市立芹沢銈介美術館

 

さて明日は三重県に遊びに行きます。
だから今日はもう寝ます。お風呂も入ったし、そろそろ髪も乾いた。
荷造りは10分で終わった。あとは読書をしながら寝るだけ。