雨の美術館 大山崎山荘美術館

今日は雨に閉じ込められて、家で読書や趣味だけをしていた。
というわけで書くことがない。しいて言えば、レイトショーの映画を観にいく。といっても出発まで20分は暇だから、先日の旅行について書いておく。

 

 

大山崎山荘美術館

大阪京都旅行の1日目、万博記念公園とその周辺を満喫したあとは、宿のある京都に向かう。その途中にある「大山崎山荘美術館」は、雨のなか、わざわざ行くだけの価値がある、とても美しい場所だった。

 

 

ここはニッカウヰスキーの創業者のひとり「加賀正太郎」氏が作った山荘を改装した美術館。この加賀という人がいかにも戦前の大金持ち的な滅茶苦茶な人で、実業家であり、登山家であり、ランも育てるしゴルフ場だって初めてしまう。大正から昭和初期の“富裕層の文化”を調べると、あちこちに顔を出す人だ。
そしてこの山荘も、本人が設計している。

まあ、重厚で豪華な建物だった。
大きな革張りのソファに暖炉、太い木を使った階段。しかもしっかりと、居心地が良いのだった。
その建物を利用した美術館は、それはもう面白い作品があちこちに置いてあって、見ていて飽きない。芸術作品だから、自分にはぴんとこないものも有るのだけれど、普通に工芸品として素晴らしいものも多いし、珍しいものも沢山ある。さらに言うと、置き時計や花瓶だって、「お宝」ばかり。

近年に増設された安藤忠雄氏設計の「夢の箱」という別棟では、モネの睡蓮なども見ることができる。美術館としてはそれほど大きい建物ではないのだが、周囲の庭も含めて、ここまで充実した場所も珍しい。

 

 

僕が気に入ったのは、2階に上がった瞬間の空気。
階段(もちろん螺旋状の、ヨーロッパ的な、でも落ち着いた素敵なもの)を登っていくと、急に空気が暖かくなる。そして、コーヒーの良い香りがする。1階が美術館的な張り詰めた心地よさだったとしたら、2階のそれは“お金持ちの家に招かれたような”雰囲気を持つ。
これは、2階の半分くらいが喫茶室だからなのだが、実に素敵な演出だと思う。

というわけで、ここではコーヒーとケーキを楽しんだ。
石積みのバルコニーからは、眼下の風景が楽しめる。室内のテーブルは全て埋まっていたので、ここで外を眺めながらひとやすみ。
アサヒビールの施設だから、ビールを飲んでいる人も多かった。名物として「ワインケーキ」があるようだが、僕は今の特別展にちなんだ「七つ星」という品を選んだ。豪華版ティラミス、といった風情で、とても美味しい。
ぼんやりしていたら、雨が止んで、周囲の雲が動き始めた。今まで薄い雲の中にいたのか、と思ったことを覚えている。

駅から歩くが、さほどの距離もない。
ただし上り坂が続くから、足の悪い人用に無料送迎バスが往復している。今回はタイミングよくそのバスに乗せてもらえた。他に乗る人がいなかったとはいえ、ただ疲れていただけの僕を乗せてくれたのは有難い。帰りは山の風景を楽しみながら、歩いて駅に戻った。

 

そう、この美術館のある山を歩くのが、とても楽しかったのだ。
小さなトンネルをくぐり抜け、なだらかな道を歩く。紅葉が色づき、全体は雨に濡れて、しっかり手入れをされた庭木と自然の草木が視界を埋める。ここにクラシックカーが走ってくれば、NHKスペシャルドラマだ。

 

最寄りの山崎駅自体は、こぢんまりした地味な駅だった(京都大阪の境を示す標識があった)。しかし電車の本数は多いから、交通に不便は無い。

次は晴れた時に行ってみたい。真夏でもいいし、春でも冬でもいい。
自分でも驚くくらいに気に入ってしまった。小規模の美術館としては、自分の中のランキングで上位に入る。

良いところ、でした。みんな行くといいです。

 

 

 

 

天王山の宝石箱―「アサヒビール大山崎山荘美術館」誕生物語

天王山の宝石箱―「アサヒビール大山崎山荘美術館」誕生物語

 

 

お題「紅葉」

お題「印象に残っている展覧会」