OKストアまたはKOマート

県外に住む、歳の離れた友人から久しぶりに連絡があった。

  1. KOマートの「くるみパン」がめっちゃ美味しい、らしい。
  2. 自分は食べたことがない。
  3. あなたの家の近くにあったよね。
  4. 買って食べてみて。
  5. そしてクール宅急便で送って。(着払い可)

という内容。
ちょうどスーパーマーケットに行く用事があったので、近所でもないけれどKOマートに行ってみた。

安くて、でもくるみたっぷりでめっちゃ美味しい、そういうくるみパンは見つからない。というか、説明にあった店内ベーカリーが存在しない。

とりあえず必要なものを購入し、文章を読み直し、そしてWeb検索を何度か行う。
看板を見上げ、ああなるほど僕がいるのはKOマートなのだな、と確認する。

くるみパンが話題なのは、「OKストア」だった。
友人が(僕の家の近くに)あると思っていたのは、「KOマート」だ。

OKストアは静岡県に(たぶん)存在しない。だから、話題の、めっちゃ美味しい、Webで話題の、くるみパンも、購入できない。
友人は結婚して他県に嫁いだ。もう数年経っているから、記憶違いというか勘違いが発生したのだと推測する。

残念なことだ。
でも、KOマートも素敵なスーパーマーケットだと思う。
静岡県中部、志太榛原方面では「キャラが立って」いるチェーンと認識している。
くるみパンは凡庸だが、普通のスーパーマーケットには無い、ちょっと変わった食品が多い。高級スーパーでもないのに(僕が行くお店はクレジットカードが使えない)、黴付けしたサラミとか他県の銘菓が置いてある。クラフトビールだって並んでいるし、どういうわけか近所の個人経営ベーカリーのパンも入荷する。ちょっと浮かれた買い物を日常生活で行うには最適のお店だと思う。
今日だって、うっかり「みすず飴」を買ってしまった。

 

みすず飴角袋

みすず飴角袋

 

 

 

KOマート、最近は輸入食品店的なお洒落ショップや、カレー店なども展開し始めた。


しかしカレー店に関しては、藤枝駅前のお店はとても美味しくて文句が無いけれど、もう一つのお店(説明しづらい所にある、『E→Fカレー2号店』で検索してみてください)は接客がちょっとアレでした。ぴかぴかの店内やメニューの文章も、もう少し頑張ってほしい。例が挙げづらいが、居酒屋が始めたバル(和風バル!)、家具屋の雑貨屋、建築会社の手がけるカフェ、みたいな駄目っぽさがある。
接客に関してはたぶん良くなるだろう。しかしメニューや店内デザインに漂う、「お洒落インドカレー店を目指すのにこれは駄目でしょう」なものは、そう簡単には修正できないと思う。というわけで、僕は再訪するならば、藤枝駅北口前のお店に行きます。

 

つまり今日は、「くるみパンが買えなかった」そして「初めて行ったカレー店が、ちょっとなんだかアレでした」という日だった。
それ以外は特記すべきこと無し。平穏で温暖で孤独な水曜日。
実はちょっと、その話題のめっちゃ美味しいくるみパンが食べたくなってしまっている。いつか手に入ることを夢見て、今日は日記を閉じようと思う。

 

世界美食探究 アメリカ産 クルミハーフ 生(殻無し) 1kg

世界美食探究 アメリカ産 クルミハーフ 生(殻無し) 1kg