三重から戻ってお昼寝の日曜日

三重県から戻ってきた。
今回は移動距離や訪問箇所はそれほどでもない。でも、友人宅に泊まった場合によくある状況で、やや寝不足気味だった。

かなり珍しいことだが、帰りの高速道路ではエナジードリンクを飲んでみた。
エナジーといいつつゼロキロカロリー飲料。
内容物表示を読む限りではずいぶんマイルドな品だが(普通に食事をすれば1食でこの程度のアミノ酸アルカロイド類は摂取している)でもなんとなく効いた気になるのだから身体というのは都合が良い。飲んですぐにしゃきっとするわけがないのに(どれほどの拡散速度だ…)何故か数時間は頭がクリアになる。他にも色々な“眠気覚ましの工夫”はしていたので、本当のところはよくわからないけれど、とにかく安全に自宅まで帰ってきた。

そして先ほどまで、完璧な昼寝をしていた。
夢は見た、かもしれない。たまに微睡みながら読書をして、また眠る。
前にも書いたが、最近は睡眠不足が体調不良(頭痛など)に直結しがちであり、この数時間は実に有効な休息になった。

今はクローゼットを整理したり、蔵書を並べ直したりといった、本来ならばやりたかった諸々を手がけている。暇人だが、しかし遠出した先で予期せぬ宿泊をすれば、そして土日の2日間を遊び呆ければ、多少なりとも生活に影響が出る。とにかく今は日常を復旧するに努めるだけ。そういう週末も、ある。

 

13月のゆうれい 2 (Feelコミックス FC SWING)

13月のゆうれい 2 (Feelコミックス FC SWING)

 
13月のゆうれい  1 (フィールコミックスswing)

13月のゆうれい 1 (フィールコミックスswing)

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BVdoR0PH-9y/

しかし今朝の朝ごはんは美味しかった。
菰野町の「Snug」で食べた、充実したイングリッシュブレックファースト。なぜかボケるマフィン。この写真の外に、コーヒーやグラノーラとヨーグルトが置かれている。
今回は柑橘のマーマレードとはちみつを選択した。
出会う機会があれば必ず選択している、この英国式豪華朝定食。味と幸福感でいえば、「Snug」は頭ひとつ飛び出た存在。天然酵母を使ったマフィンも、手作りマーマレードも素晴らしい。パンにつけるもの(2種類選べる)や飲み物や、それからグラノーラに合わせるもの(牛乳豆乳ヨーグルト)など、選択肢が多くて、いつも困ってしまう。パンはクッペとイングリッシュマフィンを交互に選択することに決めている。
わざわざ食べに行く価値のある朝食。豪華なランチや特別なディナーとは別の幸せがあります。

Cafe Snug

三重県 三重郡
菰野町菰野4727-1

http://cafesnug.petit.cc/

 

https://www.instagram.com/p/BVd1VkNHTh1/

それほど空腹ではない、しかし何も食べずにいたら数時間後には変なお腹の減りかたをすることが明白、そういう胃の状況でたまたま立ち寄った「御在所SA」で、赤福のかき氷、「赤福氷」を食した。

これはもう毎年の恒例行事といえる。
正直なところ、抹茶と餡のかき氷としては、特別に美味しいとは思わないのだが(抹茶蜜が甘すぎる)、でもこの漉し餡は他に無いし、白玉団子は嬉しいし、三重と愛知でしか食べられないのも、食べる理由になる。
白玉団子が固くなる前に上層を食べ終え、団子と餡を楽しむのがコツというか、このかき氷を十全に楽しむ方法なのだが、そういう事を考えながら食べるというのは、なんというか「孤独のグルメ」っぽいと思う。止めたいなあ、と思いつつ今日も食べ進んでいったのだが。

この漉し餡、たぶんかき氷用にチューニングしてあるわけではないとは思うのだけれど、氷の冷たさに合うのが不思議。鯛焼き屋などが夏に出す宇治金時では、主張が強すぎるあるいは存在感が薄い、といったミスマッチが多いのに、大したものである。 

三重土産 伊勢参道 福餅 (日本 三重 お土産)

三重土産 伊勢参道 福餅 (日本 三重 お土産)

 

 

三重のスロー食堂―NAGIがセレクトした食事どころ82店 (PASTO NAGI)
 
三重のスロー食堂〈2〉 (PASTONAGI)

三重のスロー食堂〈2〉 (PASTONAGI)

 

ともあれ楽しい三重県小旅行でした。
今からお風呂に入ります。三重の人達、ありがとうございました。