トレーシングペーパーのブックカバー

なんとなく初めて、ここ最近よくやる夜の小規模作業に、ブックカバー作りがある。
使い回しが可能な、布や革の品ではない。本屋が無料で付けてくれるような紙のカバーを、自分で(部屋にある本に)付ける作業をしているのだ。

最初は、次の旅用の本に付けた。かばんに放り込んでいる間、痛まないように。写真はピンぼけだが、実際もこんな見た目。

 

北アルフ?ス国際芸術祭 公式ガイドブック  JAPAN ALPS ART FESTIVAL 2017 OFFICIAL GUIDEBOOK 信濃大町 食とアートの廻廊 2017.6.4-7.30

北アルフ?ス国際芸術祭 公式ガイドブック JAPAN ALPS ART FESTIVAL 2017 OFFICIAL GUIDEBOOK 信濃大町 食とアートの廻廊 2017.6.4-7.30

  • 作者: 北川フラム,北アルフ?ス国際芸術祭実行委員会,岡澤浩太郎,中村志保(ブックインブック),原游,山本康平
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2017/04/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

今は他の本にも装着している。
大昔に購入して死蔵していたトレーシングペーパーを利用。
どことなく、古本屋にあるハトロン紙のそれに似ているが、もう少し不透明度が高い。
A4サイズの紙では、文庫本以上のものは“継いで”使う必要があり、その部分に使うテープがアクセントになっていて、これはこれで良いのではないか。上の「北アルプス国際芸術祭公式ガイドブック」では、ちょうど背の部分にテープが来ている。下の本では裏表紙にある。
天地双方とも、高さを揃えるために折っているのだが、その部分は白みが強くなっていて、それも悪くない。

カバーとしての実用性はそこそこ。それよりも、見た目と手触りが気に入っている。
本当はもう少し大きな紙のほうが作りやすいし、わざわざ継ぐ必要も無い。でもこの作業というのか工作というのか、夜の小さな作業用に、わざわざ買ってくる、というのも違う気がする。それに、A4のトレーシングペーパーはあと120枚以上ある。

 

'80sガーリーデザインコレクション

'80sガーリーデザインコレクション

 

 

SAKAEテクニカルペーパー Sトレーシングペーパー45g/m2 A4 50枚 STP-A4K-45

SAKAEテクニカルペーパー Sトレーシングペーパー45g/m2 A4 50枚 STP-A4K-45