もつカレーを作る

静岡市清水区の名物料理、といってもある居酒屋のメニューだったものがいつしか様々な店で扱われるようになり、そして例の如くご当地メニューとして取り上げられるようになった品、そんな「もつカレー」を作ってみた。

いわゆる土手煮のカレー味版。カレーライスにはしない、と思う。
僕が子供の頃は、肉屋の総菜コーナーで量り売りされていた。でもそのことを話すと、誰も信じてくれない。

この場合の「もつ」は、基本的には豚の腸を使う。僕は牛の第二胃「ハチノス」や牛の腸も使うけれど、ハチノスはトマトで煮たほうが美味しいと思う。
カレーの風味があるから、下茹でや臭み抜きはそれほど神経質にならなくて済むのが、この料理の良いところ。黄色っぽい、給食などで出会うようなカレーの色が「らしい」と思う。

作るのは簡単。
みじん切りのネギと、下拵えした「もつ」を胡麻油で炒める。生姜はたっぷり、好みでにんにくも。カレー粉があれば適当に振り入れておくと、風味が良くなる。
僕は入れないが、にんじんを具に加える店や家が多いと思う。
タマネギも良いのではないか。見たことはないけれど。

そして少しのお湯、濃縮めんつゆ、酒などで味を調えつつ煮込み、最後に市販のカレールウを投入し、さらに少し煮て、とろみが生じたら完成。

それほど煮込まずとも大丈夫な、煮込み料理。
胡椒や一味唐辛子が効いていると、副菜としても酒肴としても存在感が増すし、大人向けになる。どうしても甘めに仕上がるから、辛味はきちんと加えたほうが良いと考える。

食べる時に、刻んだネギをたっぷり添える。
とにかく白ネギをたくさん使う料理ではある。多めに入れて失敗する事は無いだろう。肉類の脂は(使う部位にもよるが)期待できないし、不要だと思っている。要はカレールウに旨味・コクを担ってもらうわけだ。

作るのは簡単。
どっさり作って毎日食べる、というものではないが、かといっておかずの1品分だけ煮るのも効率が悪い。僕は深めのフライパンで作って、副菜として食べ、残りは冷蔵あるいは冷凍して数日で食べきる。

 

味はまあ、普通に美味しい、という程度か。
作ってみるとわかるが、全国デビューするには力不足な味だ。存在は知っていても、わざわざ食べたりしない、という人も多いのではないか。熱狂的なファンも(自分の観測範囲には)存在しない。
ちなみに缶詰も売られている。これをベースに、好みの「もつ」や野菜を加えて楽しむ人もいるらしい。以前、しめじを山ほど加えたものを食べた記憶がある。

 

 

 

 

ホテイ もつカレー 85g缶

ホテイ もつカレー 85g缶