インドチャイの逆と、やたらと安いラプサンスーチョン。

毎日、職場に紅茶を持っていく。
朝、紅茶を雑に淹れて(水筒に放り込み、出発前に取り出す)、保温保冷が効く水筒で持参。運が良ければ帰宅までに飲みきれるし、忙しいと帰路に運転しながら飲むことになる。
冬場は熱く、だいたい今頃からはアイスティーにする。

Liptonでも日東でも、とにかくあの黄色いパッケージの安い茶葉を使っているせいか、あるいは淹れ方か、そのままでは少し癖がある。
だからあらかじめ調合しておいた「チャイ・ミックス」を振り入れることがほとんど。そのスパイスの量だけでも味は変わってくる。ジンジャーパウダーなどを追加することもあるけれど、朝は忙しいから凝ったことはしていられない。気分によってアールグレイなどに切り替えるし、バーブティーも飲む。

 

今日はふと思いついて、その即席アイスチャイに、インスタントコーヒーを少し加えてみた。
これがなかなか美味しかった。ほんの少しスモーキーで、なぜか薄く甘みも感じる。どういうわけか、紅茶の渋みが薄まっている。


あまり見かけないが、お店によってはチャイにコーヒー(エスプレッソが多い)を加えたものを供する。静岡市に何店舗かある「Hug Coffee」では、確かインドチャイという名前だった。甘いコーヒーや紅茶(スタバで売っているようなもの)は好きでは無いのだが、あれはたまに飲みたくなる。
今回のそれは、そのコーヒー成分を極減させたもの、と言っていいのではないか。それにしては雑過ぎるが(甘みもミルクも無いし)、でも似た部分は多分に存在している。


 

スモーキーな紅茶といえば、以前に「日常使いにしたいがなかなか手に入らないし、見つけてもわりと高い」と困っていた「ラプサンスーチョン」が、わりと簡単に手に入ってしまった。

アメリカの通販会社、「iHarb」で安く売っていた。
到着はやたらと早いし、安いものも多いから、年に数回はここでサプリメントなどを買っている。今のところ変な失敗やトラブルは無い。ちなみにこのリンクからだと、少し値引きがあるそうです。

とはいえ、あまりに安いので警戒はしていた(でもまとめ買いした)。だって、20バッグ入って400円以下である。
飲んでみたら、いちおうラプサンスーチョン味である。お店できちんと飲む味とは違うような気もするけれど、あの香りさえあればそれは僕にとってラプサンスーチョン。
水筒に入れて職場に持っていったら驚かれるかもしれない匂い(木酢液とか竹酢液に近い。熱烈なオーガニック趣味の人から漂ってきそう)だから、専ら休日か夜に楽しんでいる。仕事の合間に飲むには強すぎる風味でもあるし。

でも、ふと思いついて、普通のLiptonのティーバッグ(個包装されていないので、ガラス瓶に入れてある)へ数個を詰めてみたところ、上手い具合にマイルドな燻香付きの「安っぽい普通の紅茶」が出来上がった。これならどんな時でも飲める。

エストニア紀行: 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦 (新潮文庫)

プサンスーチョンは、かの「梨木香歩」さんも好むと聞いた。
ちょっと嬉しい。

 

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)