とんかつ会食

長期出張で来て設備の更新をしている技術者さん達がいる。僕も少しだけ一緒に作業や打ち合わせをするから、雑談する機会もある。今日、自宅の近くに宿泊していることが判明。遠く九州からの出張。

居酒屋も飽きたし、郷土料理は週末に打ち上げ的な場で楽しむつもりだから毎日はいらない、そもそもビジネスホテル生活が長いからどうしてもビールを多く飲むようになって、もう飲み会的な夕食は嬉しくもなんともない、とのこと。
でも今日は美味しいものが食べたいなあ、なんて話をしていたので、それじゃあと皆でトンカツを食べに行ってきた。

特にこれといって珍しいところは無い、普通の街のとんかつ屋さん。
でも全体的に高品質。
そうそうこういうのが良いんだよ、と喜んでくれた。
酒よりも食べるほうが好きな人達のようで、好みの定食に加え、せんキャベツと、「精進揚げ」盛り合わせを各自が追加して、わしわしと食べていた。それ以外に「みんなでつまもう」と、漬け物やサラダや、単品の揚げた野菜類。

出張に継ぐ出張、という特殊な仕事をしているせいか、野菜を食べる機会を大切にしている、という感じがすごく伝わってくる。でも美味しいものが食べたいから、ただ野菜をぼりぼり食べるのは避けたい。
そういう人達だから、この店では「精進揚げ」がいちばん好評だった。スナップエンドウやアスパラ、プチトマト、ズッキーニのフライを延々と食べ続けるおっさん集団。普通はそれほど出ない野菜の揚げ物がどんどん追加されるので、最後には店主が様子を見に来たくらいだ。サービスでタケノコとシメジのフライを作ってくれた。人参だって揚げてくれた。

僕は普通の「ひれかつ定食(ごはん少なめ)」だけで済ませるつもりだった。でも彼らの勢いにあてられて、せんキャベツを1皿追加してしまった。

キャベツだから、胃にもたれるという事は無いはずだ。
でも今、実に気持ちが悪い。胃が頑張っていて、脳に行く血液が足りなくて、軽い貧血になっている、そんな感じがする。あくまで感覚の話で、実際はどうなのかよくわからないけれど、どこか精神と心理に影響する類の体調不良が発生しているのだ。

 

ともかく、変な会食だった。
ああいう「大食い集団」との遭遇は、たぶん僕の人生では、最初で最後であろう。でも、楽しい食事だった。
ところで、考えてみると、フライで「精進揚げ」というのはちょっと妙だが、食べている時は気にならなかった。

ではお風呂に入ります。頭がぐるぐるする。でも大丈夫。

 

ビジュアル版 動物たちの地球大移動―空と海と大地をめぐる神秘のライフ・サイクル

ビジュアル版 動物たちの地球大移動―空と海と大地をめぐる神秘のライフ・サイクル