合皮の帯みたいなもの

 

勤め先で落とし物があると、メールでその日のうちに周知されることになっている。大抵、財布とか鍵といった品名と、簡単な説明文、落ちていた場所がメールに書いてある。
メールで気付いた落とし主は、総務課の警備安全部門に行けばいいのだ。

 

今日は「合皮の帯状のもの」という文章とともに、キャメル色の「合皮の帯状のなにか」の写真が添えられていた。
僕はたぶん、サッシュじゃないかな、と思ったのだが、周囲の人達、特に年配の男性社員は、まるで見当も付かないと言っていたし、それなりに雑談の話題になっていたようだ。

質感や色合いからいって、女性の服飾雑貨であることは想像が付くと思うが、人によってはそれすらもわからない。高所作業用の保護具である、いや特殊な荷物を固定するバンドである、といった説が飛び交っていた。

僕がサッシュだと思ったのは、遙か昔にホテルでアルバイトをしていた時に(学生時代の長期休暇に寮付きのアルバイトをしていた)、バーで働いた経験があったから。お酒も飲めないのに、よくバーテンダーなどを務めたものだと今でも不思議だが、しかし年配のお客さん達には可愛がられていた。酒をほとんど飲まず、ただ僕をつかまえて延々と雑談をするお婆さんとか、ちょっと自分の日常から離れたお客さんが多くて、楽しい仕事だった。
その時には僕もサッシュベルトをしていた。質は良いが手抜き版、と教えてもらったホック式の黒いもの。一緒に働くことが多かった女の子は、もう少し上等かつ本格的な、ぎゅっと締めてからボタンで止めるタイプだったと記憶している。

 

だから昨今急に増えてきた、若い女性のサッシュもそれほど気にならない。飾りベルトなら昔からあるし、そもそも僕に関係した流行ではないことが確かだから、特に言うべきことはない。
素材的に暑そうなものが多いな、とは思うし、稀にファンタジー世界の住人みたいな人がいるけれど。

でもなんだかよくわからないが、職場の人達(特に年配の女性達)にはずいぶん驚かれてしまったのだった。ある種のフェティシズムの発露、だと捉えた人もいるのではないか(靴下のデニールを判別できる、みたいな)。

人それぞれ、それこそ十人十色の経験を積んできているのだ。
サッシュベルトを知っているおっさんがいても、特に不思議ではないと思うのだが。

 

そういえば、この前、東京で早朝の公園を歩いていた時に、そのサッシュが何本か落ちていた。時期的に、そして公園の散らかり様から、週末の花見の翌日といった風情だったが、あれはそう簡単に落とすものなのか。
女性ばかりの職場で、やたらと「シュシュ」の落とし物が多いところがあったけれど、あるいは単に「半ば消耗品」として、それほど気にしないものなのかもしれない。つまり、よくわからない。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 
静岡百景

静岡百景