読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7億円の可能性を貰った。

友人の手助けをしたところ、お礼に宝くじを貰ってしまった。
ドリームジャンボ宝くじ、1枚300円が10枚。
正直なところ3000円を現金で欲しいところだが、しかしお金のやりとりをするような話ではないから(ここには書かないけれど、本当に簡単な手伝いなのです)、実際には500円だって受け取らなかっただろう。そういう意味では、気の利いたプレゼントと言えるかもしれない。

というか、友人もまた僕と同様に、宝くじというものに興味を持っていない。「当たると評判のお店に並んで買う」人達について、辛辣に語り合った思い出もある。
この10枚だって、あまり親しくない相手から思いがけず貰ったものが、回ってきた結果だという。だから特に遠慮は無用、とのこと。

ちなみに抽選日は6月8日。
この日を境に、このブログがラグジュアリーなリッチテイストを醸し出したら、ああこいつは当たったのだな、と思って欲しい。いきなり「キルフェボン」の限定販売タルトをホールで買ってきて半分くらい残して平気な日記が書いてあったら、その可能性は高い。さらに、唐突に清貧を語り始めたら、当選は確実である。
実は少しだけ、そうなるといいな、と思っている。

 

ここに写真を載せるが、とりあえず番号は隠しておく。
あくまで可能性として、番号の掲載が要らぬ騒ぎに繋がるかもしれないから。金の無心から祝福のコメントまで、多種多様な‘炎上’は、僕の望むところではない。

 

 

一緒に写っている本は、「村上春樹イラストレーター」。

 村上春樹の著作に関わってきたイラストレーターと、その作品がずらりと紹介されている。
イラストは綺麗なフルカラー、解説もきちんとしていて、村上春樹氏のコメントや過去の文章、イラストレーターのインタビューもたくさん載っていて、文庫本サイズで1800円という価格は割安だろう。
ハードカバーの装丁も素敵。
この本は、プレゼントにも向いているのではないか(僕は贈ったことがある)。
やや汚れやすそうな紙を使っているから、僕はハトロン紙でカバーをかけるつもりだ。

 

 

 

資生堂パーラー 花椿ビスケット24枚入


ちなみに友人からは缶入りのクッキーもいただいた。
こちらは確実に嬉しい。当たり外れが無いところがお菓子の良いところだ。資生堂の缶を開けたら(かなりの確率で)緩衝材だけでした、ということが無いところが素晴らしい。みずほ銀行も見習って欲しい。

 

 

では寝ます。可能性を懐に寝る。良い夜だ。