たけのこタルト

仕事帰りに、ホームセンターへ寄った。残念ながら目的の品は買えなかったが(試作かばんの設計変更が必要)、隣接する農産物直売所で珍しいものを買えた。

たけのこ

「たけのこのタルト」という総菜。
ホールとカットがあって、カットは200円程度だが、夕方ということで100円に値下げしていた。
野菜を買うついでに1個購入。先ほど食べてみた。

市販のタルト台だろう、成形された薄いクッキー生地に、甘辛い醤油味のフィリングが詰まっている。粗みじん切りのタケノコと挽肉、椎茸、そしてネギかタマネギ。コンビニで遭遇する創作中華まんみたいな雰囲気。チーズが上に乗っていて、軽く焼き目がついている。

不味くはないけれど、特に感心したり、感激するような味ではなかった。親がTVで見て真似したアイデア料理、といった雰囲気。

Soledi ステップドリル スパイラル タケノコ チタンコーティング加工 HSS鋼 切れ味よく 4mm-32mm 3本セット

数年前に食べた「たけのこのタルト」は、甘かった。
タケノコと砂糖とレモンを煮て、小さなタルトに盛っただけの品。伊豆半島を彷徨っていた時に、やはり農産物直売所みたいなところで食べた。
あれも不味くは無いが、珍しいだけの品だった。
タケノコの風味といえば薄い渋みだけだった。そして全体はレモン風味の繊維質で、完全に「代用食」の趣きがあった。嵩を増すために刻んだbambooのshootを使う、とか明治時代の日本滞在記に書かれていそう。
せめてタケノコの味がもっと感じられれば、面白みがあったと思うのだが。それと色合いも悪い。長期保管したホルマリン漬け標本を思わせる白っぽさ。

実はタケノコのグラッセ、なる品も食べた記憶がある。
ほとんど砂糖漬け、じゃりっとして、ただ甘いだけ。
あれは食紅で鮮やかにしたら、東南アジアの品になると思う。アニスで風味をつければ地中海でも通用する。でも、タケノコで作る意義が全く感じられなかった。アンゼリカでいいじゃん、と思ったことを覚えている。そして、あれから一度も遭遇していない。

 

あとは野となれ大和撫子

あ、この本がめっぽう面白い。タケノコとは関係無いです。 

あとは野となれ大和撫子

あとは野となれ大和撫子

 

あらすじを引用。

 ぐんぐん読めます。