読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とかげに出会う

春だからだろうか、とかげに遭遇した。
僕の生活圏では、とかげ(ヒガシニホントカゲ)よりもカナヘビのほうが一般的。少なくとも家の周りで、とかげに出会った記憶がほとんど無い。
今日は勤め先の敷地内で見つけた。
海が近い土地だからか、なんとなく動植物が自宅とは異なる気がしていて、だからとかげがいてもそれほど驚かない。

とにかく珍しいものをみた。
捕まえるのは無理そうで、しかも手には大事な道具(200万円くらいする測定器)を持っていたから、ただ観察するに留める。
つやつやして、カナヘビとは違った可愛らしさがある。

生き物に興味が無い人のなかには、とかげやヘビを「ぬめっとしている」と嫌がる人が珍しく無い。あれはなぜだろう、と僕などは思ってしまう。艶はあるし動きは滑らかだけれど、触った経験があれば、どう頑張ってもぬめぬめした感じは想像できなくなるものだ。

とかげといえば「アレクサンダ」。
あれは素敵なお話だ。絵も好きだった。
いつかとかげを飼う機会があったら、名前はアレクサンダにしようと決めている。子供の頃は、そういう洒落っ気は無かった。阿呆だったので。

 

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
 

 小説ではよしもとばななの「とかげ」は、好きだ。
たまに引っ張り出して読む。

とかげ (新潮文庫)

とかげ (新潮文庫)