恵方巻きとデーツ(チョコレートを挟んだもの)

帰宅前に牛乳その他の補給物資を購入するために、スーパーマーケットへ立ち寄る。
地元には無い、職場周辺にのみ展開する小規模チェーン店を選択。地理的にはそれほど違いは無いはずだが、売っているものがまるで違っていて、楽しい。静岡県西部の品がなぜか目立つ。

必要なものを籠に入れ、さらに自分用の品々を漁るために店内を歩く。お総菜コーナーも、いちおうチェックする。買わないけれど。

ちびっ子2人が寿司・米飯コーナーで遊んでいた。おや可愛らしい双子かな、と眺めていたら、目が合ってしまった。
彼女達は僕に向かって訴える。「そこのおじさん、恵方巻きを買ってくれよ」という意味の言葉を放つ。「無ければ探してくれ」とも。
僕に言われても困る。保護者は何処に行ったのか。
ちびっ子達のお婆さんだろうか、少し離れたところでスタッフと世間話をしている老婆がいて、でもこちらのことは気にしていない。

たぶん恵方巻き体験が、とても楽しかったのだろう。
世間はもうそんな事があったことは忘れている。彼女達だけが覚えている。陳列されているのが、ただの太巻き寿司だということは、もちろん理解していない。

いや、太巻き寿司で正解なのだ。
480円のそれを買って、恵方を向いて、囓ればいい。それが恵方巻きだ。
暦なんてものは人間が決めた。人間がそれを一時的に無視しても、神様はきっと許してくれるし、福くらい大盤振る舞いしてくれるのではないだろうか。恵方巻きと決めたのなら、その太巻き寿司はまさに恵方巻きなのだ。

でもどうだろう。
僕ならば、太巻きよりも、他のお寿司を買う。今日だったら、「春色助六セット」が、妙に安い。太巻きだって2切れ、入っている。山菜入りの稲荷寿司なんて、珍しいではないか。値引きシールが貼られていて、310円で買える。破格といっていいだろう。本物の節分の時の恵方巻きは、ずいぶん高かった。

そんな事を考えつつ、そしてちびっ子2人の言葉は無視しながら、僕自身は冷凍のブルーベリーや無脂肪乳を買っていく。なんとなくチョコレートは買いづらい。

やはり先ほどのお婆さんが保護者だった。
主食に関してはお総菜コーナーで済ませる気ではなかった様子。ただし、菓子パン売り場にて「スイスロール」を買ってあげる、という素晴らしい提案を示し、孫達もそれを了承していた。
スイスロールは僕も好きだ。滅多に買わないが、食べると嬉しい。たぶんスイスには売っていない気がするが、それもまた魅力のひとつだと思っている。

無添加 トルコ産デーツ(サイヤ種) 1kg  種無し

まるで関係無いけれど、ドライフルーツのデーツ(ナツメヤシの実)を半分に開いて、チョコレートを挟むと、とても美味しいものになる。Twitterか何かで知った食べ方の簡易版。
ビターチョコレートはもちろん美味しい。ホワイトチョコレートだと、なんと以前書いた「柿バター」を思わせる美味しさ。デーツ単体とは別物の味になります。

 

 

 

美森まんじゃしろのサオリさん

美森まんじゃしろのサオリさん