映画と昼寝と紅葉饅頭(のてんぷら)

 

映画を観た。
スケジュール上は、3本を連続して鑑賞できる筈だったのだが、最初の「虐殺器官」を観てから移動中に、なんだか今日はもういいや、って気分になってしまい、そのまま帰宅。



映画の感想は後日。満足しました、とだけ今は書く。

 

https://www.instagram.com/p/BQFB5uBFbPU/

 

映画館(というかシネコン)を出たあとに、友人と「たまには無意味にジャンクフードを食べよう」と入ったラーメン屋さんが、いわゆるラーメン二郎風の店で、しかも「野菜を少し多め」にしたら本当に山盛りで、ぐったり疲れてしまった、というのも帰宅の理由だろう。
本当に量が多かったし、おまけに煮卵がしょっぱかった。
死海にでも漬けたんじゃないか、というくらいに塩辛い煮卵だった。中華粥に少しずつ入れて食べたい味。どう考えても、脂が多くて濃いスープに浮かべるものではない。

 

白暮のクロニクル 10 (ビッグコミックス)

白暮のクロニクル 10 (ビッグコミックス)

 

 

帰宅して、昼寝した。
明日の予定を考え、今日は昼寝をして英気を養うことにしたのだ。たぶん寝不足だったのだろう、夕食の直前までぐっすり寝た。

夕食の際に、紅葉饅頭のてんぷら、というものを食べた。
父の知り合いがイベント用に試作したのだという。彼らは蕎麦打ちサークルに参加していて、よくお祭りでは手打ち蕎麦と揚げたての天ぷらを提供している。その天ぷら鍋でもう1品、ということだろうか。
広島では当たり前の食べ方なのかもしれない。
不味くは無いし、僕は好きな味だ(揚げ餡巻きを思い出す)。でも、栄養士には怒られそうな組み合わせではある。
母は「中にあんこが入ってる!」と騒いでいたが、まあ当たり前である。
市販の紅葉饅頭を揚げて、それを(ほぼボランティアの価格帯で)売って、利益が出るのかという疑問もある。
ともあれ、珍しいものを食べた。

 

 

 

そして、先ほどまで、うつらうつらと寝てしまっていた。
今から本格的に寝る。その前にいくつか、映画のレビューを「Filmarks」に書きます。虐殺器官については、後日。

 

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

 
虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 
虐殺器官 アートワークス

虐殺器官 アートワークス