読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タンメン風スープ

静岡の街に、ラーメンの“麺抜き”ができる店があると聞いた。まあ、不思議には思わない。あの料理はスープだけでも美味しいから、麺が無くても楽しめるだろう。

帰宅してさて夕食を作ろうと考えた時に(家族は全員、外出中)、ふとその麺抜きラーメンを思い出した。幸いなことに、豚骨ラーメンの素、みたいな品も冷蔵庫に放置してある。どうしてそんな中途半端なものがあるのか不思議だが、我が家では母が「塩分の多い既製品は、マニュアル通りに作る必要は無い。むしろ加減すべきだ」という考えの持ち主なので、たまにこういう余り物が発声する。

とにかくそのスープの素を使ってみる。
まず野菜を炒めて(白菜、タマネギ、ネギ、なぜか京にんじん)、さらに豚肉の薄切りも炒める。味付けは生姜のすり下ろしと、胡椒。
ああそうだとモヤシも追加。
お湯と前述のスープの素を投入して、完成。

ちょっと濃いめに作ってみた。ラーメン屋さんの味つけ。
そしてこれは、スープを飲まない。野菜をわしわしと食べて、肉を食べて、おしまい。普段、ラーメンを食べる時だって、スープはあまり飲めないのだから、別に不満も違和感もない。
きちんと美味しかった。下手な野菜炒めよりも、べしゃっとした感じがしない。あんかけよりも食べやすい。
しいて言えば、同じ味が延々と続くことが気になる。これはラーメンではそう思わないから、ちょっと珍しい体験だったかもしれない。

僕の夕食は、これでおしまい。お腹がいっぱいになったから、炭水化物は特に必要としない。平時の夕食に関しては、わりと融通が効くほうだと思う。

乙嫁語り 9巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

先ほど、20分ほど、変な姿勢でしゃがんでいたため、膝が妙にこわばっている。買ったばかりの「乙嫁語り」のビニールフィルムを破って、少し読み始めたら止まらなくなってしまった。良い漫画。好き勝手に振る舞うのに全体としてバランスが良い、ってアーティストが世の中には少しだけいるけれど、この作家はそういうタイプだと思う。
それにしても美味しそうなパンだ。

ではお風呂に入ってきます。そして、漫画を読みつつ、寝ます。