工作魂に火が付いた

夏の終わり頃からアイデアと資材をこつこつと貯めて、秋は遊んで過ごし、涼しさが寒さに近づいた今になって、ようやく実行に移した。それが今日。

STRIDA(ストライダ) 16インチ折りたたみ自転車 シングルスピード アルミフレーム 前後ディスクブレーキ STRIDA5.0JP MATT LIME

主に自転車関係の工作を始めたら、時間がどんどん過ぎていく。
STRIDAは普通の自転車パーツがそのまま使えないことが多い。使えても、部品を逆に取り付けたり、ネジを変えたりといった工夫が必要。走る止まるに関わらない、ライトや荷台に限っても理想の状態に持っていくには手間がかかる。

今日はライトを制作した。LED光源の普及がライトの自作を簡単にした。固定金具はその辺に転がっていた自転車用のホルダー。接続はボルトとホットメルト接着剤。隙間を埋めて固定するにはとても便利だ。安物で良ければ100円ショップでも手に入るし、消耗品も安い。

見た目が気に入らないから、革でカバー。
自転車のドレスアップに関しては、スポーティーでレーシーな方向を目指さないのであれば、革は正義である。ほつれない、丈夫、そして安っぽさが目立たない。加工だって、道具さえ揃えれば簡単。
STRIDAはフレームに巻くカバーが単なる飾りではなくて、折り畳み時の固定と傷防止に必須となっている(大昔のモデルには付いていなかった。最近は標準で付いてくる)。今までは純正品、純正品の色違い、そして手作りの革カバーと試してきたが、今回はきちんと革で作り直すことにした。
たぶん上手く行くだろう、という状況で作業が止まっている。ハトメと革紐を注文したところ。欲望と消費をシームレスに繋いでくれるAmazonさんありがとう。やや出費が気になる昨今ではあるのだが。

 

他にも色々と、かばん作りなどが進行中。冬休みに入る頃には形になるのではないか。新しく入手した素材の加工方法に目処が立った。ここで手を止めるのは惜しいが、まさか工作したいから仕事を休むわけにはいかない(架空の親戚が死にすぎるのも怪しいうえに、有給休暇そのものが足りない)。困ったことである。
ちなみに年賀状は停滞中。下書きが溜まっていく。

 

 

今日は大変素敵なおやつを食べた。
静岡の新しいケーキカフェ。この店については、書くと長くなるため、後日にまわす。今日は寝ます。おやすみなさい。