読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の準備が終わりそう。

瀬戸内国際芸術祭

FJALL RAVEN(フェールラーベン) カンケン NO.2 23565 ワンサイズ DeepRed [並行輸入品]

旅の支度を終えたいし、睡眠時間も確保したいから、日記は手短に。

旅行の支度は、出発日やその前日よりも、すこし前の日のほうがばたばたする。これは人によって違うと思うが、僕の場合はまず間違い無く、出発日の前々日、それと直前の土日が忙しい。

荷物は少ないほうだ。
減らすように心がけているし、実際に見てびっくりする人もいるくらいだから、努力が実っているのだと思う。この荷を減らすことが、まず時間がかかる。
といっても化粧品やドレスが要る訳ではないため、やる事は単純である。気温の変化には薄手のものを重ね着する程度の工夫しかしない。Tシャツなどは旅先で捨てる前提で持っていく、といったありきたりの策も採り入れる。大仰なポーチや整理バッグよりも、ジップロックのほうが軽くて便利なのだけれど、これはやり過ぎると貧相になるので程々に留める。あとはデジタルなモノに頼る(紙の本の代わりに電子書籍端末とか、必要な情報はスマホで見られるようにしておく、とか)くらいか。
とにかくそんな試行錯誤をしていると、時間はどんどん過ぎていく。
元より小さな鞄を使う前提で始めるから、この切り詰める作業は手が抜けない。国内旅行で電車を使う一人旅がいちばん難しくて、大きなスーツケースを使うような旅はとても楽。

旅の支度をしていると、つい道具の手入れに気が向いてしまう。
靴を磨いて防水スプレーをかけるとか、鞄の汚れを落として防水スプレーをかけるとか、そんな手作業が楽しい。
オートキャンプ場でキャンプ道具の手入れをする人達がいるけれど、あれに似ていると思う。

それから爪を切るとか、部屋の掃除をする、といった細々したことが時間を奪っていく。

 

今回は季節の変わり目、雨天の可能性が高い、といった要因があり、かつ連泊ではない二泊三日なので、荷は増える傾向にある。
でも今のところ18Lのデイパック「KANKEN」に収まっている。必要に応じて、ここから肩掛けかばんやサコッシュを分離して使う予定。

ここまで書いていて、傘を忘れていることに気付いた。
ものすごく小さく畳める傘があったのだった。あれを使おう。でもその前に、寝よう。