読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れた疲れたもう寝よう

寝れば回復するほど単純ではないけれど、でもとにかく寝ます。

今日は仕事が忙しくて、先ほどまで働いていた。お風呂には入った。髪が乾くまでのあいだ、雑感を以下に記す。

  • 帰宅時にコンビニエンスストアに寄った。
    店に入るなり、レジ係に「なんでもいい、すぐ食べられるものを」と注文している人がいた。アメリカ映画っぽいが、考えてみればコンビニにはすぐ食べられるものが溢れている。
  • 最近はさすがに無いと思うが、子供の頃は「ジュースに含まれる糖分」を角砂糖の数で示すポスターを学校の保健室前などでよく見かけた。
    あれは、ジュースの飲み過ぎを警告する、という点では嘘は無いけれど、「お茶碗1杯のごはんに含まれる糖分」とか、他のものも示したほうがいいんじゃないかな、といつも思う。今日はふと、そのことを思い出した。
  • 野菜の価格が上がっているのかもしれない。あるいはパスタが旬なのかもしれない。
    社員食堂の「サラダ」コーナーには、ここ数日、マカロニサラダやペンネサラダばかり並ぶ。カレーや麺類といった単品メニューのカウンターには「サラダも食べて野菜不足解消」みたいな表示がある。
  • Twitterだったか、「女子力高い」とは「生活力がある」ことを指しているだけじゃないか、みたいな話があった。確かにそういう事を言う人は多い。
    具体的には、おっさんとかヤンキー気味の若者といった、生活を整えるのは自分の役目ではない、と考えている人に多い。その配偶者で、「男は稼いでいるんだからそれも当然」と思い込んでいる人も。
    しかし当然、男女の身体的な違いでそんな差が現れるわけがないのだから(そのように育てられてきた、という部分は大きいかもしれないが)、「女子力云々」が「うわあ、まだそんな事言ってるよ」という扱いに早くなればいい、と思う。血液型正確判断みたいな感じで。
  • 大人なのに「お父さんお母さんがそうなんだもん」みたいな返答を恥じない人がいて、なんだかなあ、と思う。
    他人に向けて「お父さんお母さん」は無いだろう、と。それに、家でどのような教育を受けたとしても、大人になったらそんなものは参考意見である。
  • 「それが常識」で意見が通ると思っている人には、「たかが常識じゃないですか」と答えることにしている。
    常識かどうかが問題となる局面は、常識について語る時だけ、くらいにあえて(やや過激に)考えたほうが、あるいは考えなければ、世の中まるで変わらない。

以上です。では寝ます。よろしくお願いします。

 

 

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

 
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 
ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)