読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の写真、メモリースティックから。

ずっと捨てずに放置してあったメモリースティックDuo、といっても知らない人もいるだろう、ソニーが売っていた記憶メディアメモリースティックの、コンパクト版。今のマイクロSDほどの小ささは無く、長さだけが半分程度になっている。

今まで読み出すデバイスが無くてずっと忘れていたが、職場で不要品となったカードリーダーを(こっそり)譲ってもらったので(ありがとう上司!)、これを活用する。

ちなみに容量は125MB。もう1枚、32MBのものもある。当時は奮発したような気がするが、忘れた。基本的にカメラの記憶メディアとして使っていた。というか、SONYのカメラといえばメモリースティック、という時代があったのだ。

f:id:t_kato:20080513024703j:plain

今は写真を見て、悶絶している。

多くは語るまい。画像ファイルは2008年。三重県に引っ越してすぐの頃の風景が多い。四日市の化学コンビナートの風景が珍しかったので、職場の敷地を探検しながら写真を撮った記憶がある。

たぶん、この直後にカメラを買い換えたはず。RICOHのカメラに換えたので、その時点でメモリースティック類は使うのを止めたのだろう。

f:id:t_kato:20080513025634j:plain

さて、古いSDカードもある。が、今日は見ない。
なにしろまだ風邪気味なのだ。寝不足も避けたい。昔の写真に囚われる状況ではない。

 

 

翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば

 
ルッツ先生のイラスト図版帖 シンプルな線で描く100年前のドローイングレッスン

ルッツ先生のイラスト図版帖 シンプルな線で描く100年前のドローイングレッスン