読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindleのカバーを自作してみた

先月、新しいKindleを買った。
電子書籍の端末として、想像以上の活躍をしている。なにしろ軽いから、どこに行くにも鞄に放り込める。読めれば良し、読めなくても邪魔にならない。スマートフォンを眺め続けるのもなんだかなあ、という場所や状況でも読書なら楽しめてしまう不思議。

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

 

 

 どこにでも持ち込めるので、汚れや傷が気になってくる。
特に白いボディは汚れが目立ちそう。電子ペーパー部分に傷が付いたら困る。

でも発売直後ということもあって、カバーの種類が少ない。
Amazon純正の品は購入価格の半額程度。僕としてはただの端末に、そこまでお金はかけたくない。プラスチックとビニールレザーの、いかにも電子機器のケースです、って風合いだったらがっくりきてしまう。
最近、サードパーティー製の安価な品も出てきたが、欲しい色が無かったり、注文してから届くのに時間がかかったりと、勢いで買うには何かが足りない感じだった。

旅行に持って行く、ということもあって、カバーは自作して対応することに決めた。
北海道旅行では最初の試作品を、そして昨日、その改良版を装着した。

見た目はこんな感じ。ものすごく薄手の文庫本(最近は少ない)にカバーをかけたような感じ。
材質は「ジーンズのラベル」。無印良品の投げ売り定番商品、「ジーンズのラベル素材で作った」シリーズを活用した。
「新書カバー」だと余裕を持って切り出せる。「文庫カバー」でもなんとか可能か。「小物ケース」とか「ノートカバー」なら、Kindle用に2枚以上取って余るだろう。僕は新書カバーを切って使った。

革に似た、でも全然違う風合いと、丈夫さ、軽さが良い感じ。切りっぱなしでも大丈夫なところが気に入っている。張りのある素材だから、芯材もいらない。

これを背面に貼り付ける。3Mの「コマンドタブ」が活躍した。
しっかり貼れて、剥がしても糊残りが無い。本来は引っ張る力に強いはずだが、めくる力にも耐える。
コマンドタブといえば、旅行の時もずいぶん重宝した。連泊で同じ部屋に泊まれたから、バスルームの壁などにフックを固定するのに使った。あとで剥がせるシール素材で、ここまで強いものは珍しい。
大袋だと安いし、潤沢にあるからこそ好き勝手に試せるタイプの消耗品でもある。最近のお気に入り。

3M コマンド タブ(はがせる両面粘着) お買い得パック S 80枚 CMR2-80

3M コマンド タブ(はがせる両面粘着) お買い得パック S 80枚 CMR2-80

 

 

 

 

つくりは簡単。
まず「ジーンズのラベル素材」を切り出す。高さはKindleのそれより5mmほど大きく、横幅はKindleの2倍に厚み、そして数センチを足した程度。この長方形を、ぐるりとKindleに巻く。
背面はきちんと覆うように何カ所かコマンドタブで固定。左手の側で、カバーが折れて、電子ペーパーの面を覆い、さらに余った部分(横幅に加えた数センチ分)を背面に差し込んで固定。1回折れば、形を保つようになる。
使う時は、逆に背面側で2つに折って、先ほどの差し込んだ部分は逆に折り曲げて差しなおす。これで電子ペーパー側は完全に露わになる。
もし作りたい人がいて、もっと詳しく、というのならば作図します。今日は寝るけれど。

簡易といえばこれ以上のものはない。なにしろ軽いし、読書の邪魔にもならない。柔らかい素材だが、上下に数ミリずつ(Kindleの形から)はみ出るサイズにすれば、角や側面も保護する。

まるで段ボールみたいな色あい。実際、素材としては「紙」とのこと。
使い込んでも変なふうにならないと見込んでいる。
気に入ったらこの設計で、本革で作り直そうかと思っていたが、これはこれで良いのではないか、と自画自賛している。「持つ喜び」から程遠い、簡素というより粗末なところが気に入ってしまった。

とりあえずKindleのカバー問題は、これで完了。不具合が発生するか、新しいアイデアを思いつくまでは手をかけない。たかがカバーだから、時間をかけ過ぎるのもなんだか違うと思うので。

 

デザインのめざめ (河出文庫)

デザインのめざめ (河出文庫)