祭り疲れ

仕事のあとに、職場の人達とお祭りに行った。
週末の夜に同僚と、ということはまず無いのだが、今日は退職する人がいるという事もあって、仲の良い数人で遊ぶことに。僕としては、送別会という名の飲み会よりも好きな時間の使い方だ。にこにこ笑って、楽しくお別れできて本当に良かった。

久しぶりに、「富士宮やきそば」を食べた。屋台で食べるぶんには、ちょっとソースが甘い太麺のやきそば、という程度で有り難みが薄い。富士宮の町で適当に入ったお店で食べるものが、やはり本物だと思っている。特別に美味しくないのだが(なにしろソース焼きそばだから、世界観を変えるほどの美味さは期待できない)、でもまあ、雰囲気である。「B級グルメ」という格好悪い言い方が少し前に流行ったが、趣きとしては「地元の日常食」であり、それで十分なのだ。

その点、お祭りの屋台のものは、うんまあ珍しいといえば嘘じゃないけれど普通だね、と思うだけである。しかもわざわざ、紅く着色したアミエビ(桜エビを模しているのだと想像する)が乗っていたりと、よくわからない演出まで加わるのだから困ってしまう。
つまり、富士宮やきそばは、富士宮で食べるに限る。わざわざ余所の土地で、お祭りの屋台で、食べる理由は無い。ただし太麺はそれだけで食べ応えと食べ易さがあって評価できる。

他にも色々と買い食いをした。
これは、自分には珍しいこと。この種の無駄遣いも、たまには良いですね。
ただし野菜が足りない。帰宅前に野菜ジュースを飲んでみた。帰ってからは、難消化性デキストリンハーブティーに溶かして飲んだ。神経質な“丁寧な暮らし”の人みたいだ。

 

ともあれ、これで仕事は一区切り。明日からは1週間ほど夏休みとなる。今日は業務も大掃除や片付けばかりで、なんとなく「では、良いお年を」と言いそうになるのんびり具合だった。

今日はとにかく早く寝て、明日は家事雑事を片付け、旅行に備える。そして明後日からは旅の人。そんな予定。

なんだか妙に疲れている。
足の裏に湿布を貼ると良い、と聞いて、さきほどドラッグストアで「サロンパス」を購入してきた。が、貼ってみたらメントールの冷涼感と匂いが強くて、落ち着かない。これで眠れるのだろうか。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 
静岡百景

静岡百景