読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ料理店『ラーンサウジャン』

静岡市の老舗タイ料理店『タイ・オーキッド』が閉店して1ヶ月、同じ場所に『ラーンサウジャン』という店が開店していた。
調度品は変わっているものの、テーブルや椅子はそのまま、メニューはかなり違う。オーキッドといえばランチでも多種多様なセットがあったけれど、新しい店はわりとシンプル。でも主菜もスープも、それからサラダも選べるから、メニューを眺めているだけで楽しい。1品料理もたくさんある。

まだ店員が慣れていなくて、特に厨房と給仕の間では混乱があったけれど、特に悪い気はしない。これから工夫していくだろう、と期待できる雰囲気。思えばオーキッドの名物店主、あのおじさんの元気でマイペースなやりとりは、他に換えがたいものだったのだな、と懐かしく思う。

さて、料理のほうは、これがなかなか美味しかった。
グリーンカレーはシーフード入りを選択。スープは牡蠣のスープ、サラダは蒸し鶏が載ったもの。飲み物は冷たい烏龍茶で、まあ普通のペットボトルのアレです。

スープは澄んでいて、牡蠣が1粒と、ハーブがたくさん。優しくて上品なもの。
グリーンカレーは具沢山、かつ量が多い。添えられるジャスミンライスも山盛りで、たぶんおかわり自由。2名以上ならば、アルミ打ち出しの素敵な器で供される。
どれくらいの量か。いわゆるカフェごはん的なエスニック料理ではなくて、工業地帯にある「豚汁とどんぶりご飯がセットになった肉体労働者向け定食屋」に近い量だと考えればわかりやすい、かもしれない。濃いめの味付け。辛さも、しっかりある。
が、きちんと美味しく食べられる。具が多種多様で多いこと、特に大量に入っているサヤインゲンが不思議と”効く”のだ。タイ料理店ならではの、ナンプラーやピーナッツや唐辛子のテーブルスパイスセットも活用できる。食べ終わったら満腹だが、食べている間は、特に「大食いに挑戦」という感じではない。

周囲のお客さん、老人も女性も、きちんと食べていたから、量に関しては心配無用だろう。でも多い。

そういえばタイ・オーキッドも量は多かった。街のビルに入っているようなタイ料理店では、量の多さを気にしたことはないから、これが本場の味というか量なのかもしれない。

デザートは無い。あれば試してみたかった。
甘い物が食べたければ、目の前の高速道路の反対側、登呂遺跡の隣の甘味処で安倍川餅を食べれば良いのではないか。僕は登呂遺跡よりも、敷地内の「静岡市立芹沢銈介美術館」が好きだ。今日まで開催していた、アンデスの織物展は、とても面白かった。

 

ラーンサウジャン
静岡市駿河区西島246-2
054-686-2720

11:00-14:30 17:00-22:00

火曜定休

 

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 
静岡百景

静岡百景