読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいKindle

Web コンピュータ 大きな買い物

先月の中頃からか、そろそろ電子書籍リーダーなるものを手にしても良いのではないか、と思うようになった。
スマートフォンタブレットでの読書にも慣れ、またライブラリーも揃い始めて、電子書籍への本格移行を考え始めたのだ。その時に問題となるのが、寝る時の読書。タブレットは、やや重い。スマートフォンは机の上で充電中。寝る時は、光らない画面のほうが有難い。そんなわけで、電子ペーパーを使ったリーダーを買いたい気分になっていた。

僕は電子書籍の大半をAmazonで買っている。
となると、Amazon Kindleを買うしかない。たまにセールもやっているし、どうやら自分の用途では最廉価版の、いわゆる「無印のKindle」が最も適していることも判明した。

あとは買うだけ、という状況で、父の日および無印Kindle売り尽くしセール的なイベントが開催された、らしい。ぼんやりしていたら、そういう事になっていた。僕がAmazonのサイトを見た時には、全て売り切れ。

まあ、売り切れさせるくらいの状況ならば、新型が出るのだろう、そう思って待っていたら、先ほどその知らせが届いた。

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

新型は、軽くて、ちょっと薄くなっている。
解像度は、文字は問題無いが、小さなルビや、それから漫画本には粗い(らしい)。僕の使い方としては、問題無い。
価格は9000円くらい。Amazonの有料会員になれば、4000円ほど値引きされる。ちょうど、この有料会員(プライム会員)にも申し込もうと考えていた時なので、渡りに船とまではいかないまでも、思い切って購入することに決めた。

 

とはいえ、電子書籍への完全移行は考えていない。
買って、読んで、すぐに売るような本は、電子書籍に切り替える。最近は「この著者の本は必ず購入」というパターンが減ったから、その分を、今まで繰り返し読んでいる作品を電子版で買い直す、という事もあるかもしれない。長く刊行されている小説などは、新刊が出る前に読み直したいから、電子版で揃えたいところ。
逆に、好きな作家でも、紙の本で買い続けたい人も多い。これはまあ、趣味の世界なので、説明はしない。

何であれ、発売日前に注文する事はほとんど無いのだが、これもまあ縁ということで、たまには例外も。7月20日頃に届く予定。
ちなみに「キャンペーン無し」モデルを選択。本体価格が少し高くなるが、ロック画面の広告表示が無くなる。

 

 

Kindle、純正カバーはたくさん売られているが、ちょっと趣味に合わない。妙に高価でもある。革で自作しようかな、と考えていて、それが夏休みの工作となりそうな予感がする。

旅でも便利に使えるのではないか。スマートフォン、十分に軽いが、片手で持ち続けると、なんだか疲れる時がある。金属の板っぽい。これがプラスチックの板だったらいいのになあ、と思う時がある。そして電子ペーパーの書籍リーダーは、今まで手にした限りは、そのプラスチックっぽさが手に感じるのだ。

 

「無印のKindle」と書いていて思った。
無印良品が出してくれればいい。ガワだけ無印でいいので。カバーも安そうだし(チャコールグレイかベージュが選べる。数ヶ月後に半額)。