『mirumirubar』と図書館とコーヒーと。

最近は、休日はできるだけ映画を観ることにしていた。特にこの連休は、旅行以外は映画館、という感じの過ごし方。どの作品も素晴らしかったし、時間の使い方としては申し分ないとは思うが、なにしろ時間がかかる。映画自体はまだしも、映画館のある街までの往復や、食事や、ついでに書店に寄ったりケーキを食べたりと、どうしても半日くらいは費やしてしまう。自分の都合では動かせない時間が、最低でも3時間は取られる。つい、家事や他の懸案事項が疎かになる。

というわけで、今日はあえて映画はパス。観たい映画は概ね鑑賞してしまい、「観たい映画を見逃さないスケジュールin2016春」に多少の余裕が出来た、という事情もある。

 

そんな訳で、のんびりと図書館やホームセンターなどを巡って過ごす。
お昼時には、久しぶりに「蓮華寺池公園」にも行ってみた。これは自転車の試乗(昨晩、分解清掃したのだ)も兼ねている。

その際に、知り合いに教わっていて、まあ機会があったら寄ってみようと考えていた雑貨のお店、「mirumirubar」に行った。

びっくりした。小学生の時の同級生のお店だった。
だから贔屓目、というわけではなくて、素敵なお店。
まだ移転したばかりだというが、隅々まで目が行き届いている感じ。僕の好みとは違うものが多いにもかかわらず、棚を眺めていて楽しかった。イベントも多く、活気がある。藤枝市近辺で手作り雑貨やアクセサリーをする人は、覗いてみると良いのではないか。変な「マルシェ」などよりも、よほどきちんとしています。
僕は小さな多肉植物を購入。女子じゃないのでアクセサリーなどは買わない。

残り少ない乙女心を煌めかせたせいか、帰宅してから2時間ほど昼寝をしてしまった。夢も見ない、深い睡眠だった。


アクセサリー&雑貨 mirumirubar
藤枝市若王子1-2-12 エルシオン若王子1F
定休日:月曜・火曜

 

 

https://www.instagram.com/p/BFGIdH7mMY9/

夕方にはむくりと起床し、「村松珈琲店」に行った。

ここのコーヒーはちょっと不思議な味がする。最近の流行よりは濃い味だとは思う。が、口に苦みなどが残らない。口当たりもするっというかぬるっというか、限りなく優しい。徹底的に丁寧な淹れ方をしていることはカウンターから見てわかるのだが、他に何か秘密があるのかもしれない。
とにかくこだわりの感じられる店。でも、居心地は抜群に良いです。コーヒーを飲んでゆったりした気持ちになって店を出る、それだけのシンプルな楽しみ方ができる。ちなみにコーヒーとケーキのセットが600円でした。

 

映画館には行かなかったが、家で映画(レンタルのDVD)を鑑賞するインフラが完成した。具体的に書くと、iMacにDVDドライブ(1980円、安い)を接続した。
DVDはWebサイトで予約するとゆうメールで送られてくる仕組み。見終わったら封筒に入れて返送する。簡単。
先ほど「トレインスポッティング」のパッケージを開けたところで、甥と姪が遊びに来た。小学生と観るにはふさわしくない映画だと思うから、今日は断念。

寝る前に本の整理もしたい。
読書に関しては、連休前の見積もりの4割程度しか完了していない。理由は不明。子供の頃は「積ん読」なんてフィクションだと思っていた。まさか自分が本を貯めるなんてびっくりである。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 
静岡百景

静岡百景