読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『レヴェナント』と、美味しいもの色々。

パン ホットケーキ コーヒー Cafe 外食 料理 映画 静岡

連休になったら観るぞ、と決めていた『レヴェナント』を鑑賞。


現在、シネコンで上映している映画としては、質も上映時間も最重量級な作品。

実在した人物、ヒュー・グラス氏の脅威のサバイバル行を、大胆に脚色した作品。氏の名前は知らなくとも、「熊の毛皮を被った罠猟師」の扮装を、カートゥーンアニメや米国児童文学で見たことのある人は多いのではないか。たぶん彼の地では有名人。開拓時代の傑物の1人なのだと推測する。
そのグラス氏が、悲惨で寒くてひもじい復讐の旅をする。熊に瀕死の怪我を負わされた身体で。300km以上の距離を。


1820年代。
アメリカでは農地開拓以前の、収奪の時代。
インディアンは殺されて当然、毛皮や鉱物といった品を欧州に高く売るために、荒くれ者達が組織され僻地へ送り込まれていく。まだバッファローは絶滅していない。日本には捕鯨船がやってきた頃。
グラス氏は罠猟師隊に息子と参加し、そこで悲劇に遭う。
死んでも当然な苦しみを超え、悪態もつかず、祈りも唱えず、敵を討つためにただ生きる。
他の荒くれ者達が(程度の差こそあれ)敬虔なこととは対照的だ。(ちなみにインディアンは、最近の映画ではよくあるように、物語の都合に合わせて残酷だったり神秘的だったりする。ちょっと便利な存在に思えるのだが…)。


敬虔といえば、この作品、随所にキリスト教的なモチーフが現れる。
そもそもレヴェナントとは、「蘇生者」のこと。
神の言葉、神の暗喩が示されながらも、誰も彼もが獣じみてくる、その対比が実に印象に残っている。
でも、完全に邪悪な人間はいない。粗雑で利己的な人物は多いが、グラス氏の敵対者でさえ、あの環境と状況では(罰せられる罪人ではあるが)筋の通った理を持っている。

ラストの数秒が想像力をかき立てる。グラス氏の今後を想像する。彼はどうなったのだろう。どうするのだろう。


しかし疲れる映画だった。
徹底的に美しい風景と、凄まじいまでに残酷または痛そうな描写が繰り返される。その両方で、肩や腹に変な風に力が入ってしまう。
スタッフロールを最後まで見終わった頃には、変な疲労感でぐったりしていた。


一言二言で、どんな映画か説明するのは難しい。
無理矢理に言うと、「凄い映画」だった。疲労感だけでも、希有な経験をした。

 

同行者は、「口直しに『植物図鑑』を観よう」と提案してきたが、却下。身体に悪そうな予感がしたのだ。3時間近い映画のあとに、「口直し」なんて体力的にも無理です。

 

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BExRJsDmMb7/

 

https://www.instagram.com/p/BExSbQumMd6/

 

昼食は鷹匠の「アレイレストラン」でサンドイッチを。
キャロットラペとツナのサンドイッチ。マリネやサラダが何種類か付いてきて、どれも気が利いた味で楽しい。大きいポテトフライも美味しかった。もちろんサンドイッチも、食後のガトーショコラも、コーヒーも。
冬の終わり頃に初めて訪れて、しばらく間を置いてまた窓際の席に座ると、外の並木の変化がとても素晴らしい。今は新緑が濃くなりつつある。
この風景は、静岡の市街地では珍しい気がする。

www.at-s.com

 

 

https://www.instagram.com/p/BExjhs7mMZk/

今日は色々と買い物などを済ませた。その後のおやつは、「つきさむ」でホットケーキを食べる。
ラズベリーっぽい何かのジャムが添えられていた。サイズ、雰囲気、味ともに申し分の無いホットケーキ。ホットケーキは、この雰囲気が大切な食べ物だと思っている。

無粋を承知で書いてしまうが、この焼きたてのホットケーキが350円というのは、安すぎではないのか。客の領分で考えることではないとはいえ、なんだか気になる。お得だから注文、という事は今までもこれからも無いだろうけれど、ともかく。

tsukisamu6.exblog.jp