おすすめランチ(夜)

月曜日だというのに、なんとも疲れる仕事が山積みで、残業してようやく片付けてきた。諸事情により昼食はカロリーメイト的なショートブレッドで済ませたので(でも美味しかった。栄養強化焼菓子は好物です)、かなり空腹。

今日は家に帰っても誰もいない。ということで外食で済ませることに。

 

 

今まで行ったことのない、小さな台湾料理店へ。
京都の町屋みたいな和風の家だが、お店自体はいわゆるラーメン屋の風情。てらっとした朱色のテーブルや、縁起をかついだ紙細工、厨房から聞こえてくる台湾の言葉。

メニューを眺めていたら、お店のおばさんが「おすすめランチあるよー」と、にこにこと話しかけてきた。「鶏肉のカシューナッツ炒めー、鶏のからーげ、サラダー、あんにんどーふ、ごはん、スープ。スープは百円プラスで、ラーメンになるよー」とのこと。
なんだか盛りだくさんで700円。よくわからないままに、それを注文した。

まずラーメンがやってきた。
豚骨ラーメンを薄くしたような白いスープで、「混ぜると濃くなるよー」という。雑なのだと思うが、とにかく底のほうに「豚骨ラーメンの素」みたいな何かが溶け残っている様子。静岡弁で言うところの「こずんでいる」である。
しかし量が多い。きちんと1杯のラーメンとして成立する量。決して、中華料理店の定食についてくるスープの代替ではない。

慌てて「あー、ごはんは少なめに」と声をかける。
すぐに少なめの、といっても僕の普段のお茶碗に山盛りくらいの量の1杯を盛ってくれた。そして「これ、サービスね」と笑う。
いや違うんです追加の1杯じゃなくて、おすすめランチのごはんを少なくして欲しいんです、と身振り手振りを交えて説明。

そうこうしているうちに、鶏肉のカシューナッツ炒めが届く。
これもきちんとした量。これだけで夕食は完結しそう。付け合わせのサラダもたっぷり。鶏肉のカシューナッツ炒め、たまに食べると本当に美味しい。考えた人は偉い。

しかし、繰り返すが、量が多い。
食べきれるかなあ、と心配になってきたところに、鶏肉の唐揚げがどかっと届く。
1枚が、社員食堂だったら主菜になるくらいの大きさ。平たい胸肉を、味の付いた衣で揚げてある。それが3枚。一人暮らしだったら、小分けして冷凍しておけばしばらく幸せになれる量である。なぜか煮卵が付いてくる。
それを花椒と塩で食べる。
とても美味しかった。

杏仁豆腐は、いかにも中華食堂っぽい、缶詰のフルーツと紅いサクランボが添えられた品。好ましい。

とにかくそれらを頑張って食べた。
正直言って辛かったし、今だって苦しいし、なんだか気持ち悪くもある。
でも満足感というか達成感というか、普段は味わえない何かが身体の奥から沸いてきたことも確かだ。

 

仕事では延々と、肉体と精神を酷使した。そんな「俯いて地面ばかり眺めていた」ような1日が、こういう非健康的な馬鹿騒ぎじみた外食で上書きされたのだ。爽快と言っても言い過ぎではない。

でも怖い。ヤケ酒ではないけれど、こんな暴食は6ヶ月に1回くらいが限度だろう。もし癖になったら困る。

しかし、どうして夕食(20時過ぎ)なのに「ランチ」なのか。不思議。

 

 

というわけで、今から胃腸薬を飲みます。
水溶性食物繊維も気休めに服用。なんとなくビオフェルミンも飲む。それから、腹筋と背筋を鍛えて、寝ます。

 

大塚製薬 ソイジョイ クリスピー ゴールデンベリー 25g×12本

全然関係無いけれど、「SOYJOY」の新製品、クリスピーSOYJOYがとても美味しい。SOYJOYはオーブントースターで注意深く温めると味わいが変わる。が、これはその先の新たな領域、という感じ。