スーパーマーケットの焼いも

仕事を終えて、スーパーマーケットで食材を買う。
実家暮らしだから、それほど多くは買わない。家族が出かけてしまっているから、自分の夕食のぶんだけ、野菜などを選ぶ。自分の好きなものだけを買う、しかも日常の習慣ではないから経済性もそれほど考えなくて良い、なかなか楽しい時間だ。
つい、果物や、お菓子なども見てしまう。お菓子はあまり買わない。果物は大抵、購入する。今日は黄金柑を買ってみた。

 

今まであまり目に留めていなかったが、スーパーマーケットには「焼き芋コーナー」がある。野菜売り場の片隅で、石焼き芋を売っているのだ。
僕が行く時刻では、よく売れ残りが1本100円で売られている。まあ、定価だって150円か200円だから、安いものだ。
試しに購入してみたら、とても美味しかった。

さつまいも、自分できちんと焼くのは面倒。手はかからないが、時間がかかる。それに、最近は品種が多いわりに、1本でばら売りはされていない。
スーパーマーケットの焼き芋は、きちんと品種ごとに分けて焼いてある。もちろん、焦げたり、中がまだ固いというミスも無い。専用器具で焼くのがいちばん、という食材なのだと思っている。

今日はねっとりした品種(名前失念)を買った。
びっくりするくらいに柔らかく、適度に甘く、皮はぱりっとしている。
帰り道、渋滞するパイバスで運転中に食べた。スーパーマーケット内のマクドナルドで買っておいたコーヒーを飲みながら。

変なファストフードやお菓子を食べるより、よほど良い。健康云々ではなくて、味として。ちょっと帰宅が遅くなると、小腹が減る対策として、今後も利用すると思う。

ただし、1本は多い。
帰宅して、夕食を作ったが、ごはんは不要だった。

ちなみに夕食は豚肉と大根の煮物。本当は炭酸水で煮ると良いとのこと(肉が軟らかくなる)。炭酸水は無かったため、ごく少量の酢を使ってみた。でも圧力鍋を使ってしまったので、この酸添加が役に立ったのかはわからない。
副菜として「あらめ」を煮た。春の味。いつもは筍と煮るが、今日はザーサイと酢の物に。
庭に生えてきたアスパラガスも食べた。植えてから何年経っただろう。ずいぶん食べ応えのある「新芽」だった。