桜と雨と旅の前日

さて、仕事は片付いた。
帰宅して、いちおう出発ができる状態にまで旅の準備も終わらせた。
まだ自転車は車のトランクに放り込んだままで、旅のプランも基本的な骨組みだけしか済んでいないが、とにかくこれで今日できることはおしまい。

あらゆる準備不足と不具合に対処するため、可能な限り出発を早くする。あとはたぶん、何とかなる。

というわけで、寝る。
今から寝れば、明日は5時に起きても十分な睡眠時間となる。

 

ところで今日、年若き同僚に、小豆島の話をしていて、「二十四の瞳」について話したところ、「なにそれホラー映画ですか?」とびっくりされてしまった。
僕だって二十四の瞳(映画)は観たことがないし、実は小説だって未読だ。でも名作ということで、存在くらいは知っている。

でも、小豆島土産で、「瞳」を象った金太郎飴みたいなキャンディーが24個セットで売られていたら、面白いかもしれない。

 

ちなみに地元は、とても激しい雨が降っている。
桜がぼうっと煙って、風情がある。花見は無理でも、こういう風景も良いものだと思う。

 

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

  • 作者: 北川フラム,瀬戸内国際芸術祭実行委員会
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る