読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーカーにワックスを塗る夜

春の夜長、という言葉は無い。たぶん無い。
夜の時間としては「秋の夜長」の頃と、そう変わらないはずだが、でも言わない。とはいえ、うっかり夜に手仕事に没頭してしまう事だって、秋と変わらずある。

Fjallraven Greenland Wax, Small [並行輸入品]

今日はパーカーを買った。ユニクロの安い綿の、ごくおとなしいアウター。
それに、「グリーンランドワックス」を塗ってみた。
これは防水性を持たせること、そして何より、風合いを持たせるため。

グリーンランドワックス自体は、「フェールラーベン」の、主に鞄やジャケットのお手入れ用の品。もともとワックスが塗ってある布地(いわゆるパラフィンコーティング)のメンテナンスに使う。
価格は安いが、通販だと送料が気になる。サイズは消しゴム程度なのだが、遠くから取り寄せることになるから、それだけで数百円かかってしまう。ただし、なかなか減らない。

作業としては、ただその四角い蝋を布に塗りつけ、ドライヤーやアイロンで温めるだけ。塗ったばかりは白っぽい蝋が布地にしみこみ、一段暗い色合いになる。
均一に塗るのは難しい。むらになっても、それが味というのならば、特に悩むところのない作業だ。

テストケースとして、パーカーに塗ってみた。
次は鞄に挑戦する。たぶん鞄のほうが上手くいくだろう。
何かしら書くべきことがあったら、この日記に記録するつもり。パラフィンコーティングの布が好きだから、こうして自分で作業できるのは嬉しい限り。

 

 

 

では寝る。
実は今、風邪気味である。
隣の席の人がごほごほ咳をしていて、僕も今日は咳が出るようになった。喉の奥に、風邪っぽさを感じる。昔ならば扁桃腺が腫れていただろう。今は切除したので、扁桃腺の炎症や、それによる熱は心配無いが、とにかく用心に越したことはない。
今週は年度末の仕事を済ませて、いわゆる「消化試合」的な雰囲気なので、仕事を休むには勿体ない。無理をして出勤はしないけれど、できれば有給はつかいたくない。
というわけで、今から葛根湯を飲んで、そして寝ます。おやすみなさい。