読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『リザとキツネと恋する死者たち』

今日も映画館へ。
本日から来週の日曜日までという、平日勤務の身としてはかなり綱渡りなスケジュールの公開日であった、『リザとキツネと恋する死者たち』を鑑賞。



ものすごく楽しい映画体験だった。
ストーリーは調べればわかる。が、内容は見なければ全然わからないだろう。
とりあえず、ポスターを見て、好きだと感じたら、観ておいたほうが良いと思う。

キッチュでモンドでキュート、ちょっと大人っぽい毒のある、東欧雑貨じみた映画かな、と思ったら、全然違った。ハンガリー版の『アメリ』や『グランド・ブダペスト・ホテル』じゃない。全然無い。

ぱっとしない30歳乙女のリザはめっぽう可愛い。
通底に流れる死の匂い(というか、人はばんばん死ぬ、素敵な字幕付きで)と、架空の70年代ハンガリーと、奇妙な日本歌謡が混ざって、まるで村上春樹の短編じみた味わいが生じている。
ハンガリー的な軽いブラックラブコメなのかもしれない。そこに「外国人の考える日本」が加わり、化学反応が生じているのだ。

劇場内ではくすくす笑いが続き、見終わるとサントラが欲しくなり、さらに言うと僕はパンフレットを買ってしまった。映画のパンフレットを買うのは、人生で3度目くらいかもしれない。ちなみに10年以上のブランクがある。
とにかく、それくらいに気に入ってしまった。


サントラ欲しい。

 

https://www.instagram.com/p/BDca0b2GMXw/

ちなみに昼食は、聖一色の「ジャッカル」なるダイナー風カフェでアボカド・チーズ・ハンバーガーを食べた。

店員の手際は悪いが、ハンバーガー自体はとても美味しい。静岡県中部では随一かもしれない。なにしろマヨネーズや甘ったるいソースを使わず、塩胡椒と肉の味が楽しめる品になっていたので。食べにくいつくりの手作りハンバーガーは今や珍しくないけれど、味の濃いマイルドなソース類がべたべた塗ってあるものばかり。やはり「にくにくしい」ものこそ、こういう店の持ち味だと思うのだ。
だからここは良いお店。近くに素敵な焼き菓子屋さん「ひより工房」もあるし、また近いうちに行きたいと思っている。

 

STRIDA(ストライダ) 18インチ折りたたみ自転車 内装3段変速 アルミフレーム 前後ディスクブレーキ STRIDA EVO ブラッシュ

それ以外の時間は、自転車に乗ったり、書店に行って過ごした。正確に書くと、自転車に乗って書店に行って、本をどっさり購入した。
旅の支度も、少しだけ進んだ。不安になるくらい放置した旅支度だが、まあ国内の2泊旅行で、しかも一人旅だから、なんとかなるだろう。
自転車の整備だけは、平日の空いた時間に進めておきたい。

 

 

 

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

  • 作者: 北川フラム,瀬戸内国際芸術祭実行委員会
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る