レバー&クレソン

クレソン 400粒

詳細はわからないが、帰宅したらベランダにクレソンがどっさり置いてあった。
十中八九、知り合いのおじさんの土産だろう。昔は隣に住んでいて親しくして、今は田舎に越していってしまった人で、たまに珍しいものを(たいていどっさり)くれる。しかも、我が家の予定を聞かずに突然来訪するから、ベランダや玄関に美味しいものが山積みになっていることがある。そう、この人はとても食べ道楽で、しかも奥さんは料理が趣味なのだ。

そのクレソン、家族が泊まりがけで出かけているため、今日は僕1人で消費する。
水に差しておけば長持ちするが、やはり摘み立てが美味しい気がする。

 

近所のスーパーマーケットで、レバーを買ってきた。これはとても安い。
胡麻油と塩と酒で味付け。酒は多め。
これを炒めて、一味唐辛子を少し振ってから、クレソンを山盛り投入。全体がからまったら出来上がり。

外食のように、味付けをしっかりするのがポイント。酒はアルコールが揮発したあとは、ソースというか汁気となる。全体にしゃきっと、水気が少なくなると成功。

この炒め物には、葉の部分を使う。
茎は細かく切ってから、とろみをつけた玉子スープに入れた。

 

にんじんサラダにも少し混ぜたが、これは失敗だったかもしれない。甘めの味付けに合わなかった。隣に添えてあったら違うのかもしれないけれど、まあ身体には良さそうな味ではある。

 

ご飯を解凍するのが面倒だったため、お餅を焼いて代用に。
そして食後には昨日の「ひめのつき」を。今日も美味しかった。

 

クレソンは、オイルサーディン(油ごと加熱)に添えると、なかなか面白い品になる。なんだか「独身のおっさんの簡単料理」感が強すぎて、家ではまだ試していない。どこかで食べて、すごく気に入った。でも同じ素材で丼にしたことがあるから、僕のおっさん忌避本能もあてにならない。