楽しい休日へ向けて

昨日から熱があった。なので臨時の、突発の、有給休暇。
仕事のほうは、先延ばしが可能なものばかり、かつ他のスタッフも病気やその他の事情で休んでいる人が多く、この数日間は「がつがつ働かず、それぞれ調整期間に充てよう」という雰囲気だった。実際に僕に仕事を指示する人も、僕と共に働く人も休んでいて、上司に連絡した際も「いいよいいよ休んじゃえ」という返事だった。
こういう時こそ出社して、個人的な(停滞中の)取り組みを片付けるべきなのだろうが、ともかく体調は誤魔化せないから、おとなしく休む。

家で安静にしているだけで、1日が過ぎていく。
身体も楽になったし、精神的にもずいぶん楽だ。

寝ながら溜まっていた本を読み進め、ついでに昨日にまとめ買いした本と漫画も読み、Amazonのビデオ(『セッション』を観た。便利な時代だ)を鑑賞と、安静にしつつもできる「やりたかったこと」を存分に楽しんだ。

たまには連休も必要だなあ、と再認識した次第。
まだ入社して1年であり、有給休暇のストックも少ない。だから基本的には節約しているのだが、週末には行きたいところや、やりたい事が山積みで、しかも仕事だって暇じゃないから、ここしばらくは気分的に「せわしない」状態だった。

熱はほぼ平熱。
風邪ではなくて、外耳炎の影響らしい。腫れも痛みも収まり、明日には元気になる予感。
無理して出勤しなくて良かった。多少の熱ではパフォーマンスを落とさないタイプだとは思うけれど、でも今日は休む局面だった。

明日は外に出かけたい。
映画だって映画館で観たいし、行きたいごはん屋さんもある。
なんだか極めて小規模な、しかし確実に「バカンス気分」な有給休暇だった。悪くない。

 

 

 

セッション(字幕版)

セッション(字幕版)

  • デイミアン・チャゼル
  • ドラマ
  • ¥2000

  

 

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

昨日買った漫画では、これが面白かった。
まだまだ序盤。「リトル・フォレスト」の作者が描く、美しくグロテスクな近未来SF。ぜんぜんリアルでは無いのだが、読みながらぞくぞくする。先を知りたくて困ってしまう。

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

ディザインズ(1) (アフタヌーンKC)

 

ところで最近のコミックス、バーコードやISBNや価格が外側に印刷されなくなった。実に有難い。びっちりとシュリンクパックされたところにシールで貼られている。特に表紙が凝っているデザインで効果的。