スプーンおばさん・サイクリスト

雨。かなり寒かった。
そんな早朝の通勤時間帯に、不思議な自転車乗りを見かけた。

オリジナルのサイクルジャージを作る人達は多い。しかし自転車愛好家でも、オリジナルのレインウェアは珍しい。
今日見かけた人は、レインウェアの背中に「スプーンおばさん」のイラストがあった。黒い服に、白いプリント。「Mrs. Pepper Pot 」とイラストに添えられていた。


不意を突かれた。

かなり本格的な、たぶんカーボンファイバー製のフレームの自転車。隅から隅までお金と手間をかけている、がちがちのサイクリストだ。だいたい、冬の雨の日にまで自転車を漕ぐなんて、なかなか出来るものではない。

そんな人が、ウインドブレーカーのような上着(前述のとおり”スプーンおばさん”モデルだ)に、足首までのぴたぴたのパンツで、びしょ濡れになりながら自転車を走らせていた。

人生とは本当に予想不能だ。
試しに、職場の人達に今朝の出来事を話してみたが、「わけのわからない話」として処理されてしまった。「えーと、夢の話として、どこにオチがあるのかな?」みたいな感じ。それほど厳しい職場ではないから、矯正施設送りにはならなかった。

とにかく、そんな出来事があったため、今日は仕事中に、「アタマの中に“スプーンおばさんのエンディングテーマ”が流れ続ける」状態が延々と続いた。こうなるともう、呪いである。くまのドラムにあわせながらシルクハットのアヒルが踊るような仕事ではないのだが、でも止められないのだ。

まあ、そんな日もある。
あっという間に1月が終わってしまった。いや、あと2日あるけれど、仕事に関しては月末かつ週末だったため、しかも残業が禁じられた日でもあったため、ばたばたと全てを終わらせて帰宅した、そういう日となった。

 

 

スプーンおばさんのお料理絵本 料理編

スプーンおばさんのお料理絵本 料理編

 

 

Pen (ペン) 2013年 5/1号 [雑誌]

Pen (ペン) 2013年 5/1号 [雑誌]