STARBUCKS・COFFEE

通勤路から寄り道できる場所に、スターバックス・コーヒーが開店した。
去年の暮れにはオープンしていたのだけれど、いつも行列ができていて、行列が苦手な僕としては、行けずじまいだった。
スタバなんて街へ買い物に行った時に寄ればいいし、わざわざ田舎で行列に並ぶなんて格好悪いと考えていたのが(そういうのはものすごく田舎のヤンキーっぽいと思う)、でも近所にコーヒーを飲める気軽な店ができること自体は、正直嬉しい。
選択肢自体が少ない、そんな地方都市なのだ。

今日は知人と、ちょっとした打ち合わせが夜にあった。双方ともに酒を飲まないため、スターバックスは都合が良い。変な個人経営の喫茶店に入るよりも楽だ。

コーヒーは、普通の味。僕は基本的にフォームミルクやシロップの入ったコーヒーは飲まないため、いつも「本日のコーヒー」を買うことになる。
特徴も覚えていないが、美味しかったと思う。
白いチョコレートがかかったザッハトルテは、あまりザッハトルテ的ではない味だったけれど、濃い味はいかにもスタバ的で、これはこれで「スタバに来た甲斐がある」と思った。
なんだかよくわからない理由で、小さく切ったチョコレートケーキも貰えてしまったし、打ち合わせも順調に済んで、良かった。

 

今日はいわゆる「定時退社日」であり、ほぼ定時に帰ることができた。
これが当然であり、指定がなければ残業というほうがおかしい。その気持ちは、常に忘れずにいたい。