RASKOGとは何なのだろう?

日記を書き忘れた。
そして今、もう寝る体制で、こうして急いで書いている。

IKEAで買ったキッチンワゴン「RASKOG」を組み立てた。
特に精度の高いつくりではない。というか、2000円未満でこの部品数で、穴も仕上げもガタガタで、でも組み立てやすいし、組み上がるとしっかり見栄えも良いのだから、これはこれで悪くない。日用品として、素晴らしい設計だと思う。
パッケージも極限まで小さい。こういうところは、日本の組み立て家具、特に事務用品の類も真似して欲しいところ。

そのキッチンワゴンは、自室で趣味の道具や本を片付けるのに活用した。
そのまま怒濤の年末大掃除へと突入し、年末大掃除片付け部門は本日で5割が完了した。この予想外の進捗はしかし、べつの懸案事項、例えば年賀状などが滞る原因となっているが、反省は後日改めて行いたい。

ところでRASKOGって何だろう。Aは英語の「A」ではなくて、上にマルがついている。なんだか格好良いではないか。
だからこのワゴンは、これからも「らーすこぐ」と呼ぶことにした。

 

 

今日のおやつは、「MARIATHANK」の、フランクフルタークランツと、タルトタタンの2種盛り。それにアップルティー。寒い日にはこってりしたバタークリームと、酸味のある焼きリンゴ味、それに甘い香りの紅茶。こういうのは豪奢ですね。良かった。

ちなみに写真は撮り忘れた。