ピーナッツのフォー

仕事量からいえば、がつんと残業すべき局面。しかしもう色々あって、いわゆる「モチベーション」が枯渇したので、早々に切り上げて退社。上司からは「えっ?」って顔をされたが、明らかに今日は生産性が低い状態なので、つまり明後日からがんばります。なるようになるのなら、今日はもう逃げの一手、そういう生き方をしていこうと思う。今日の「逃げ」は、明後日以降の諸々がずいぶんタイトになる予想だが、それはまあ仕方が無い。自分の限界として受け入れたい。

 

https://instagram.com/p/9lK_A_GMVr/

さて、そうやって中途半端な時刻に職場を出てから行ったのが、「静波海岸」の近くにあるエスニックカフェレストランの「mahoroba」。ここは味も雰囲気も大好きで、ストレス云々とは別に、機会をみつけて通っている。

もうすぐ冬期の長期休業に入る、とのこと。だから今日は、今年最後の「mahorobaごはん」だった。

遅い時間だったせいか、メニューの選択肢が少ない。ほぼヌードル系のものしか選べなかった。
フォー・サテ、だったか、ちょっと珍しいフォーを食べた。
酸味控えめのトムヤムクンみたいなスープに、ピーナッツペーストが溶かし込んである。ベトナム風の担々麺、というのだろうか、コクがあるのに脂っぽくないスープが実に美味しい。野菜がたっぷり、その野菜が実に美味しくなる味付けといえる。
ベトナムでも珍しいメニューとのこと。すっきりさっぱりのフォーとはまた別の味。こういうものが食べられるから、この店は好きだ。

食後にはコーヒーと、サツマイモのもちもちしたプディングを。どちらもこの店に来たら、必ず楽しむことにしている。
それにしても惜しい。11月9日くらいまでの営業で、再開は春の予定。理由は色々あるようだが、やはりタイやベトナムの料理というと、野菜の供給が難しいと言っていた。多くの野菜を手作りしている店だが、もちろん冬場は種類が限られる。それに、作っても買っても、夏場の味とは違ってしまう。そのあたりのこだわりを聞くと「じゃあしょうがないか」と思えてくるのは、それだけこの店の料理(特に野菜の)が特別に美味しかったからだろう。納得感がある。
惜しいし寂しいが、でも待つ。
今日は無理をしてでも行って良かった。残業を切り上げて、良かった。

http://mahoroba.land/

mahoroba.theshop.jp