無花果のコンポート

https://instagram.com/p/6XKDiLGMR8/

いきなりイチジクが安くなっていた。
少し前までは、スーパーマーケットには売っているものの、簡単には買えない価格だった。つまり冬場のリンゴやミカン、春夏のブドウ(小粒のもの)のような日常の食べ物というより、もう少し特別な感じの価格設定。ほんの少しの差だが、もともとイチジクは「あるところにはたくさんある」という認識なので、なかなか買えないでいた。

それが今日は、6個で250円。どういうわけか、書店のレジ横で売られていた。たぶん農家の庭で採れたようなものなのだと思う。

つい買ってしまった。
2個は、生で食べた。美味しかった。

 

ずいぶん熟れているから、冷蔵庫でも日持ちしない予感。だからコンポートにして保存する。

特に根拠も見通しもなく、ラム酒を主体に煮て、隠し味程度にサングリア(赤)を加えた。アルコールは徹底的に蒸発させる。シナモンやクローブパウダーも少し振り入れる。
試食してみたが、なんだか「異国の美味」になってしまった。日本人は作らないだろうな、という複雑な味。サングリアの果実味が面白い効果を生んでいる、とは思うが、果たしてこれがイチジクの持ち味を活かしているのかというと、ちょっと自信がない。

とはいえ、不味いものではない。
ヨーグルトやグラノーラに添えると、ますます“なんか違う”感が強まりそう。単品で、冷やして食べたい。

これ、ドライフィグで作ってみたい。干したナツメヤシと組み合わせたら、きっと美味しい。
そして今、いつか誰かに「イチジクはココナッツミルクと合う」と聞いたことを、唐突に思い出した。全く想像がつかない組み合わせだが、興味が出てきたので、次は試してみたい。

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

ところでようやく、「ダンジョン飯」の2巻を購入できた。
丹精な絵と、お約束の連続ながら上品な笑い。恋愛要素や感動やウンチクを省いて、逆にそれが味になっている。
1巻ですっかり気に入ってしまったので、今から読むのが楽しみ。