ピンク・グレープフルーツのかき氷

今日は腰を据えて懸案事項に取り組もう、色々と滞っているものを片付けてしまおう、なにしろ来週は旅行だから、やるならば今日明日しか無い、そんな気分で朝からほとんど外出もせずに家事その他に邁進していたはずなのに、何もかもが中途半端な現在。そういう日ってありますよね。特に予定のない連休に多い。

たぶん寝過ぎたのが悪いのだろう。午前も午後も、短時間の睡眠をとっていた。
それから、少しだけの、必要最低限の、用事を済ませるだけの外出で、喫緊とはいえない買い物をしてしまった。例えばユニクロで服を買うとか、書店で文庫本を買うといった消費活動が、意外と(支出を伴いつつ)時間を消費している。

https://instagram.com/p/5UYezUGMTJ/

そんな一日だったが、良かったことが1つ。

おやつに食べた、「焼津 あおば」のかき氷がとても美味しかった。
ピンクグレープフルーツのかき氷。
ほぼ果実と果汁と氷で構成されたそれは、さっぱりしたおやつカテゴリにおいて世界を狙える実力を持っている。酸味、甘味、ほろ苦さ、冷たさの素晴らしさ。凝ったコンフィチュールやシロップのかき氷も良いが、こういうシンプルな氷菓もまた、夏には相応しい。

tabelog.com

 

さて寝る。
こういう日に夜更かしして頑張っても、たぶん明日に疲れるだけ。大丈夫、滞らせて死ぬような物事は(たぶん)抱えていない。だから寝るのだ。明日がんばるかもしれないし、そうはならないかもしれない。でも寝ないと身体に悪いから、とりあえず睡眠は優先する。

 

皆勤の徒 (創元SF文庫)

皆勤の徒 (創元SF文庫)