仕事にならない予感と、優れたピンバッジの留め具について書こう

別に手を抜いているわけではないし、きちんと量も質も維持しているが、一昨日から続く体調不良のせいで、たぶん今週はずっと「とにかく週末まで凌ぐモード」で働いている。少しずつ回復はしている、はず。

可能な限り定時で帰り、書店への寄り道も最低限に済ませる。
今日は小説を1冊と、ノン・フィクションを1冊購入した。

 

ピンバッジの留め具しっかり留まるネジ式キャッチ10個セット

ところで、Amazonにログインすると、やたらとピンバッジ・グッズを薦められるようになった。これは先日、「取れない留め具」を買ったから、だと思う。
いわゆるバタフライ型の留め具を、このネジ式(ピンを通して、側面からロックナットで締める)に替えると、確かに外れない。優れもの、だと思う。今までの苦労は何だったのか、とさえ考えてしまう。

しかしピンバッジ自体、最近はめっきり買っていない。
もともと、バッジの類を身につけないほうで、しかもピンバッジは「紛失しやすい、しかも大切なものを落とすと悲しい」という理由で、それほど持っていない。どこか引き出しの奥に「大切なもの」としてしまい込まれているかもしれないが、もう日常では目にしないものとなっている。
ではこれから、この大変優れた留め具を活用するために、ピンバッジを買い足すかというと、それも難しいように思える。

でも本当に素晴らしい留め具。安いし、10個くらい買えば、一生それで足りるだろう。これくらいなら自作もできるが、手間を考えたら買ったほうがいい。

それにしてもAmazon、ピンバッジと留め具ばかり薦め過ぎである。
まるで楽天市場みたいだ。